ローン

ルイス・ベイカーがローンで海外へ

ルイス・ベイカーが2020/21シーズンをトルコ、トラブゾンスポルで過ごすことに

次のクラブでは、トップチームやアカデミーで指導していた元チェルシーMFエディ・ニュートンの下で再びプレーすることになる。ニュートンは先月、トルコカップでの優勝とリーグ2位の成績を残した後、トラブゾンスポルの監督に任命された。

オランダのフィテッセ・アーネムで2年間過ごし、昨季はフォルトゥナ・デュッセルドルフで9試合に出場したベイカーにとっては、海外での4シーズン目となる。

両利きの若きMFは、10歳になる前からチェルシーに所属しており、頻繁にユースチームのキャプテンを務め、FAユースカップやネクストジェンシリーズの決勝に進出している。UEFAユースリーグの前身となる後者の大会では、プレイヤーズ・オブ・ザ・トーナメントに選出されました。また、チェルシーのヤング・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれており、2014年にはマンチェスター・ユナイテッド戦でゴールを決め、アンダー21プレミアリーグのタイトルを獲得。また、ユースチームのアーセナル戦でのバックヒールでのゴールは、同年のチェルシーのゴール・オブ・ザ・シーズンとしてファンの投票で選ばれた。
 

ベイカーのシニアデビューは2014年1月で、FAカップ3回戦でダービー・カウンティに2-0で勝利した試合、オスカーと交代で投入された。

バイカーはこれまでのローンで国内リーグでの経験も積んでおり、シェフィールド・ウェンズデー、レディング、リーズ・ユナイテッド、ミドルズブラとしてチャンピオンシップ、MKドンズの2部昇格にも貢献した。

チェルシーからその他