ニュース

メディアウォッチ:クロップがチェルシーへの敵対視を否定、ロッベンの怪我は軽症、指導者として期待されるエッシェン

各メディアのチェルシーに関連した最新のニュースを見てみると、ユルゲン・クロップが、リバプールのタイトル防衛にブルーズがもたらす脅威を警戒していることを認め、アルジェン・ロッベンが故障について語っている。

これらの記事は、外部メディアの情報源から抜粋したものです。これらはチェルシーフットボールクラブの見解や立場を表すものではありません。

クロップがチェルシー戦になにも問題はないと語る

ユルゲン・クロップはSky Sportsに対し、彼とフランク・ランパードやチェルシーの間にライバル関係があるとの見方を否定している。

今週末にスタンフォードブリッジで行われるプレミアリーグの試合に向けて、メディアではブルーズとレッズのライバル関係が再び激しさを増していることや、2人の監督が目を合わせていないことなど多くの話題が飛び交っている。

しかし、クロップはこの緊張を和らげようとしており、ランパードがブルーズで成し遂げた仕事を賞賛していると語った。

「フランク(ランパード)と僕の間には何もない。彼を選手としても指導者としても尊敬しているし、好きだ。だから、僕らの間に "ライバル心 "があると言ってもなんの意味もない。日曜日には確かにライバルになるだろうが、それを除けば良好な関係だ。」

「我々は別のクラブで、異なったチーム作りをしているだけ、見返りがある選手に投資して、見返りが望める選手にも投資する。他のクラブではこうはいかないけれど、そういう言う仕組みになってる。」

「彼らが何をしようと、私は全く構わないと思っている。自由な世界だし、自分たちには自分たちのやり方がある。」

しかし、クロップはチェルシーが今シーズンだけでなく、今後数年の間に自分のチームにもたらす脅威を警戒していることを認めている。

「脅威はいくらでもあるが、彼らは本当に良い選手と契約しているし、信じられないほど良いチームを持っている。昨シーズンの試合では、彼らに苦しめられたことも多かった。」

「フロント、中盤、ディフェンスライン、フルバックには多くの良い選手がいるが、最大の脅威は、彼らがチェルシーだということである。」


ロッベン、最新の負傷状況を明かす

Football Oranjeが伝えたところによると、アリエン・ロッベンは、先週末のエールディヴィジ での試合復帰時に鼠径部を痛めたが、すぐに試合に復帰できる見込みだという。

元チェルシーのウインガーは、現役復帰し、所属クラブのフローニンゲンでプレーしていたが、先週末のPSVアイントホーフェンとのオランダリーグ開幕戦では、開始30分後に負傷退場を余儀なくされていた。

しかし、CTスキャンを受けた結果、筋肉の断裂がないことを明らかにした。

「ダメージはそれほどひどくない。もっとひどいと思っていたが、幸いにも筋肉は壊れていないし、断裂もない。だから希望に満ちている」とフローニンゲンTVに語った。

「皮肉ってると思われるけれど、怪我を含め、私はいいペースでやってこれてると思う」と語った。


エッシェンは元チームメイトから成功を示唆されていた

GhanaWeb.comの報道によると、元ガーナ代表のディフェンダー、ジョン・ペイントシルは、マイケル・エッシェンが一流チームの監督になる能力を持っていると考えている、とエッシェンがヨーロッパのクラブでのコーチングへの第一歩を踏み出した後、語った。

ガーナのラジオ放送で語ったペイントシルは、かつてのガーナ代表チームメイトであるエッシェンがデンマークのノードシェランドのアシスタントコーチに任命されたことに喜びを表した。

ウェストハム、フルハム、レスター・シティなどに在籍したペイントシルは、「多くのコーチがそうであるように、エッシェンはあまりにも多くを語らないけど、完璧にこなせるはずだ」と彼は付け加えた。

チェルシーからその他