ニュース

メディアウォッチ:ハフェルツの休暇の過ごし方、コールがメディアの影響について語る、ウェストブロム監督がイヴァノヴィッチ入団を歓迎

チェルシー関連の最新情報:チェルシーの現在と過去のスターがピッチ外での生活について語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ハフェルツが動物愛護活動について語る

goal.comの報道によると、今季チェルシーに入団したカイ・ハフェルツは、私生活で動物愛護活動に参加し、オフの日は趣味のピアノを楽しんでいると語った。

Zoomのビデオチャットでハフェルツは動物に対する関心について話した。

「意外かもしれないけど、子供のころからロバが大好きで、一番好きな動物だった。いつかロバを飼うことを夢見ていたから、サーカスなどで使われるロバを助けたいと思ったんだ。これから大きなプロジェクトになると思う。みんなや世界にとって大事な存在だから、できるだけ多くの動物を救いたい。少しでも動物の環境が良くなるように全力を尽くしたい。もちろんサッカーは自分にとって大事なものの一つだけど、それよりももっと重要なこともあるんだ。だからできるだけそのような活動を行っていきたい。」

ハフェルツはオフの日にピアノを弾くことについても語った。

「兄がギターを始めたから自分も何かやりたかったんだ。だからピアノを始めたんだ。おばあちゃんの家にピアノがあったから、子供の頃たまに弾いていたんだ。3年間ずっとピアノを始めたかった。今はいつでも弾けるし、楽しくてリラックスできるんだ。」


コールがメディアが創り出した彼のイメージについて語った

Daily Mailのインタビューでジェイミー・レドナップと対談したアシュリー・コールが、メディアやファンが創り出した彼のイメージについて語った。

チェルシーとアーセナルで活躍したコールだが、メディアの見出しではネガティブなものが多く、「悪魔、不倫者、悪者」と描かれることが多かった。

「見出しや記事によって人々の印象が捻じ曲げられたんだ。正直に言うと、自分の人生を変えてしまった。」と語るコールは2006年から2014年までチェルシーに所属し、338試合に出場、現在はU16コーチを担当している。

「人見知りで物静か、行儀のよい性格だった。アーセナルのキットマン(ホペイロ)、ヴィック・エイカーをよく手伝っていた。選手がユニフォームを床に置きっぱなしにしていたりすると、拾って洗濯かごに入れていたよ。すぐにできることだし、スタッフには敬意を示すべきだからね。だけど新聞は自分を悪魔のように描いたんだ。だから警戒心が強くなった。自分を守るためにね。誰も自分に興味がないし、構ってくれないと思っていた。若い時に過ちを犯したか?と言われればもちろんそういうこともあった。でも今ならそれが教訓になったと振り返ることが出来る。良いことも悪いことも、醜いことも信じられないことも、全部自分の人生の一部なんだ。」


ビリッチがイヴァノヴィッチに期待

Express and Starの報道によると、ウェストブロムウィッチ・アルビオンの監督スラベン・ビリッチがブラニスラフ・イヴァノヴィッチの入団を歓迎し、元チェルシーDFが今季昇格したチームに良い影響をもたらすと語った。reports.

 

ゼニト・サンクトペテルブルクを退団し、フリーエージェントとしてウェストブロムと1年契約を結んだイヴァノヴィッチだが、ビリッチはプレミアリーグで戦うチームを支える存在になると彼の入団を歓迎した。

「彼のことはずっと前から知っているし、良い人間だよ。彼を獲得できると聞いて、すぐに交渉に入ったんだ」と語るビリッチ。「彼の入団はチームにとって素晴らしいこと。貪欲でモチベーションも高い。悩むことは全くなかった。条件が全て揃ったんだ。フリーエージェント、経験。だけどチャンピオンズリーグの昔話のために呼んだわけではない!選手として彼を獲得したんだ。」

イヴァノヴィッチは5-2で敗れた日曜のエヴァートン戦には出場しなかったが、ビリッチは彼がすぐに出場することを期待する。

「先シーズンの終盤からトレーニングをしていなかったけど、彼は生まれながら素晴らしい身体能力を持っている。急ぐことはないけど、長くはかからないだろう。大事なのは、彼の意見を聞くこと。子供じゃないからね。彼が出れるといったら、準備はできているということだ。」

チェルシーからその他