ニュース

メディアウォッチ:ブラッド・コリンズがデビュー戦でチェルシーに感謝、トッテナムがシードでチェルシー戦進出か、元チェルシーGKがPSG退団か

チェルシー関連の最新情報:元チェルシーGKブラッド・コリンズが難しい時期に支えてくれたクラブを感謝した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

コリンズがクラブのサポートを感謝

Yorkshire Postの報道によると、バーンズリーのGKブラッド・コリンズが、4年前父親を失ったときに支えてくれたブルーズに感謝の意を示した。アカデミー卒のコリンズは12歳の時に入団してから7年間チェルシーでプレーし、2015年と2016年のUEFAユースリーグではチームの優勝に貢献した。しかし、多くの成功の裏で、私生活においてもクラブの手厚いサポートを受けたという。

「父が亡くなった時、クラブは自分のことを支えてくれた。家族もそのことには感謝している。」と水曜日のカラバオカップ、チェルシーとの試合後に語ったコリンズ。

「とても不思議な感覚で、あのような経験は初めてだった。アディ・ヴィヴェアシュやニール・バスが自分や家族を支えてくれたし、葬式も手伝ってくれたんだ。11歳の頃から父は練習に付き添ってくれたし、コーチたちともいい関係だった。ピッチの上だけでなく、私生活でも様々な面で支えてくれた。アカデミーを出て今プレーできていることは本当に素晴らしいことだ。」

スパーズがシードでブルーズと対戦?

Evening Standardの報道によると、トッテナム・ホットスパーはカラバオカップのラウンド3で対戦する予定だったレートン・オリエントが日程を再調整できないことから、来週のチェルシー戦にシードで進出するとのことだ。

コロナウィルスの感染症が発生したため、オリエント対トッテナムの試合はキックオフ3時間前に延期となったが、報道によると、オリエントは来週以降にリスケジュールすることを望んだという。

「EFLとの協議の結果、オリエントは水曜日の午後にトッテナム戦を辞退することを選手たちに伝えた。オリエントはSky Sportsとスポンサーから15万ポンド配給される試合に出場する予定だったが、今日の話し合いでEFLが補填を行うことに合意したとされる。オリエントは、試合の70分前にデイヴィッド・モイーズ監督と2選手にコロナウィルス陽性反応が出たウェストハムとハルとの対戦が火曜日に行われたことに対し、不平を述べたという。EFLクラブが定期的にPCR検査を行う義務はないが、オリエントは2-2の引き分けに終わった土曜日のマンスフィールド戦の後、トッテナムの要請を承諾し検査を行い、その結果所属選手のうち17人に陽性反応が出た。」


ブルカがPSG退団へ

Goal.comの報道によると、元チェルシーGKマルシン・ブルカがPSGをわずか1年で退団するとのことだ。

ポーランドのユース代表のブルカはチェルシー退団後PSGで定位置を狙ったが、1年間で2試合しか出場できず、出場機会を求めて移籍先を探している。

「20歳のブルカはPSGではケイラー・ナバス、セルヒオ・リコに続く3番手で、出場機会を求めてPSGを退団する意向だ。今シーズン契約が切れるブルカに興味を示すクラブは多数ある。PSGは契約を延長し、今シーズン彼をレンタル先でプレーさせたいようだ。先月、ポーランドのMeczykiの取材に対しブルカの代理人のステファノ・カスタンニャは、セリエAのジェノアが彼の獲得に動いていると話した。Meczykiの報道によると、ポーランドのレギア・ワルシャワとヴィスワ・クラクフの2チームもブルカの獲得に興味を示しているという。」

チェルシーからその他