ニュース

メディアウォッチ:イヴァノヴィッチがブルーズ戦出場か、PSGが元ブルーズMF獲得か、元ブルーズが最優秀選手に選出

チェルシー関連の最新情報:ウェストブロム監督スラベン・ビリッチがブルーズ戦でのブラニスラフ・イヴァノヴィッチの起用を示唆した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

イヴァノヴィッチがブルーズ戦出場か

Express and Starの報道によると、今週カラバオカップで60分間プレーしたブラニスラフ・イヴァノヴィッチだが、ウェストブロム監督スラベン・ビリッチは彼が今週末のチェルシーとの試合に出場する可能性を示唆した。36歳のイヴァノヴィッチは3年半のブランクを経てプレミアリーグに復帰し、今週行われたカラバオカップではチームはPK戦で敗退したものの、初戦から素晴らしい動きを見せた。開幕から2試合で8失点したことを踏まえ、ビリッチ監督がベテランDFを古巣との試合で起用する可能性は高い。

「ブレントフォード戦では45分間プレーする予定だった。調子もよさそうだったので60分間プレーした。チェルシー戦については様子を見る。ブレントフォード戦がいいトレーニングになったはずだ。問題なくプレーしてくれた。彼の加入によりチームの質は上がり、プレーもまとまる。経験も豊富だしリーダーとして活躍してくれる。チェルシー戦まで時間があるから、起用できると思う。」

チェルシーからウェストブロムにレンタル移籍中のコナー・ギャラガーは、ブレントフォード戦フル出場し、PK戦でもゴールを決めた。しかし、土曜日はプレミアリーグの規則によりチェルシーとの試合に出場できない。


PSGがバカヨコ獲得か

Sky Sportsの報道によると、PSGはティエムエ・バカヨコ獲得に向けてチェルシーと交渉を続けているとのことだ。

バカヨコは過去2シーズンをレンタル先のACミランとモナコで過ごし、ミランに復帰するとみられていたが、PSGが移籍先として急浮上した。

「ミランは先月からバカヨコ獲得のために交渉を続けているが、未だに合意に至っていないという。リーグ・アン王者のPSGも彼の獲得に動いている。レンタル、完全移籍の両方で交渉が進んでいるが、チェルシーは契約期間が2年を切ったバカヨコの完全移籍を望んでいるようだ。」


マケレレがレアルから移籍した最優秀選手に選出

90min.comのランキングで、クロード・マケレレがレアルマドリードからプレミアリーグのチームに移籍した選手のトップとなり、マテオ・コヴァチッチもトップ5入りした。

最近ガレス・ベイルとセルヒオ・レギロンがレアルからトッテナム・ホットスパーに移籍したこともあり、このウェブサイトではベルナベウからプレミアに移籍したその他の選手を紹介。マケレレが2位メスト・エジル、3位ラファエル・ファン・デル・ファールトを抑え1位に輝いた。

「レアルからプレミアのクラブに移籍した中で、最も活躍したのは間違いなくクロード・マケレレだろう。マケレレは2004年から2006年の間、ホセ・モウリーニョ監督にとって欠かすことのできない選手として活躍し、その守備力によってフランク・ランパードやアリエン・ロッベンはより自由に攻撃に参加することができた。彼の功績は誰もが認めるもので、2005年には国際プロサッカー選手会年間ベストイレブンに、2006年にはチェルシー年間最優秀選手に選ばれた。」

コヴァチッチは今ランキングで4位に入った。

「チェルシーが4000万ポンドでマテオ・コヴァチッチを獲得したことに驚きを表した人も多かったが、彼は金額に相応しい活躍を見せた。この投稿時にチェルシーで100試合に出場し、ブリッジでは人気者となり、去年はチーム最優秀選手に選ばれた。」

チェルシーからその他