マッチプレビュー

PRE-MATCH BRIEFING:再びロンドンダービー

カラバオカップ・ラウンド4でチェルシーは、この大会で多くの因縁があるロンドンの宿敵と今季初めて対戦することになった。この試合を前にチェルシーのクラブ史に精通するリック・グランヴィルとデータ収集家ポール・ダットンが主なポイントを紹介する。

チェルシーとトッテナムがイングランドサッカーで(スーパーカップを除き)今季一番早く終了する大会のラウンド4で対戦し、勝者はベスト8に進む。トッテナムのカップ戦があるため、今週のカラバオカップ、火曜日に行われるのはこの試合だけで、残りは明日と木曜日となる。

チェルシーはウェストブロムに何とか追いつき、スパーズはニューカッスル相手に試合終了直前VAR判定によりPKを取られ、両チームとも週末のリーグ戦では引き分けに終わった。

通常なら2007/08シーズンにブルーズを決勝で破ったスパーズは、勝利のために全力を尽くすだろう。ジョゼ・モウリーニョが言ったように、それ以来スパーズはトロフィーを一つも獲得していない。

しかし、トッテナムはこの試合以外にも気を配る必要があり、チェルシーはもう一つのリーグカップ決勝、モウリーニョが2シーズン目に2-0でスパーズを破った試合を再現したいところだ。

ハイライト:14/15リーグカップ決勝対トッテナム戦

リーグカップ優勝回数

リヴァプール8回

マンチェスター・シティ7回

チェルシー5回

アストンヴィラ5回

マンU5回

ノッティンガム・フォレスト4回

トッテナム4回

レスター3回

チェルシーは1909年12月から通算166回トッテナムと対戦し72勝、ここ4試合すべて勝利しており、5連勝を狙う。

チェルシーは1909年12月から通算166回トッテナムと対戦し72勝、ここ4試合すべて勝利しており、5連勝を狙う。

photo of ―主なデータ ―主なデータ

チェルシーのニュース

リーグ上位チームとの早期での対戦となるが、フランク・ランパードかはバーンズリーを6-0で破ったメンバーの多くを起用するだろう。特にこの大会チームで最多得点のカイ・ハフェルツがバーンズリー戦のハットトリックに加え得点を挙げることが期待される。

ランパードはエドゥアール・メンディとベン・チルウェルの召集を明言しているが、ハキム・ツィエクとクリスチャン・プリシッチは間に合わないようだ。

ライプツィヒ時代にトッテナムの新スタジアムで決勝点を決めたティモ・ヴェルナーは、ウィリアンがチェルシーに対してそう思うように、ホームに帰ってきた気分だろう。ヴェルナーは2月のチャンピオンズリーグでの対戦で、運動量とテクニックにより相手DF陣を終始翻弄し、PKを決めた。

昨季ライプツィヒでプレーしたティモ・ヴェルナーはトッテナム戦でもゴールを決めた

今シーズンチェルシーは9ゴール中6ゴールをプレーの流れの中で決めたが、トッテナムは6失点中4点がセットプレーからとなっている。

トッテナムの布陣

「カラバオカップに全力で臨みたいが、無理だと思う」と日曜1-1の引き分けに終わったニューカッスルとの試合後に語ったジョゼ・モウリーニョ。この大会は今週予定されている試合の中でも最も優先度の低いものだろう。

モウリーニョのタイトル獲得に対する執着は非常に強いものがあるが、古巣相手のダービーも無観客で行われるため、プレッシャーのかからない試合となるだろう。一方木曜日に行われるヨーロッパリーグのプレーオフ、イスラエルのマッカビ・ハイファとの試合で勝利すれば、この大会のグループステージ、そしてその後のトーナメントで収益を見込むことができる。トッテナムはその3日後にオールドトラフォードでマンUと対戦するため、ペース配分が必須となるだろう。

 

10日間で5試合に臨むトッテナムのスケジュール
9月24(木)プロヴディフ2-1(勝)ヨーロッパリーグ予選
9月27日(日)ニューカッスル1-1(H、分)プレミアリーグ
9月29日(火)チェルシー(H)カラバオカップ
10月1日(木)マッカビ・ハイファ(H)ヨーロッパリーグプレーオフ
10月4日(日)マンチェスターU(A)プレミアリーグ

スパーズのFWソン・フンミンとハリー・ケインは今シーズン11得点中8ゴールを決めており(ソンは5得点)、7アシストを記録している。

ソンはハムストリングの負傷によりニューカッスル戦ではハーフタイムに途中退場し、数週間プレーできないだろう。モウリーニョは今後3試合すべてでハリー・ケインを起用するだろうか?ケインはこの5試合で欠場したのは60分のみで、過去2シーズン怪我のために30試合以上欠場している。

ソンの欠場により、今期復帰したガレス・ベイルと若手DFジェイフェス・タンガンガ、そして病気により週末の試合で欠場したムサ・シソが起用される可能性がある。

ベストメンバーで臨んだ試合、トッテナムは多くのチャンスをつくった。元ウルブスの右SBマット・ドハーティも活躍著しい。

 

ウルブスからスパーズに移籍したマット・ドハーティ

先週木曜にフル出場したタンギ・エンドンベレは、日曜の試合では試合終盤に途中出場し、新規加入のセルヒオ・レギロンも起用される可能性がある。モウリーニョはこのような試合で長身選手を起用する傾向がある。

この試合のTV放送

今夜のカラバオカップは英国内ではSky Sportsで放送される。各地域でのTV放送についてはEFLのガイドをご覧ください。

チェルシーTVのマッチデープログラムでは、チームのニュース、独占インタビューや試合の分析などが取り上げられ、5th Stand、Facebook Liveと公式YouTubeチャンネルで放送されます。


カラバオカップの規定

今夜の試合、延長戦はなく、引き分けの場合PK戦となる。チェルシーの過去5回のPK戦は3勝2敗となっている。

トッテナムは2019年1月のカラバオカップ準決勝対ブルーズ戦を含む過去3回のPK戦すべてで敗れている。


ラウンド5(準々決勝)はクリスマス前に、準決勝は一発勝負で1月初旬に行われる。決勝は2月28日(日)にウェンブリーで行われる。
 

チェルシーがスパーズの新スタジアムで記録樹立

チェルシーファンはスパーズの旧スタジアムを「スリーポイントレーン」と呼んでいたが、昨年12月に新たに建設されたトッテナム・ホットスパースタジアムでは、新たな記録も樹立した。

試合は2-0でブルーズが勝利、そしてウィリアンのゴールにより、チェルシーは同じ相手に100ゴールを決めたプレミアリーグ4つ目のクラブとなった。チェルシー以外の3チームは、アーセナルとマンU(どちらも対エヴァートン)と対ニューカッスルのリヴァプールだ。この試合はジョゼ・モウリーニョにとって古巣相手の初めての敗戦となった。さらにブルーズはプレミアリーグで初めてスパーズのすべてのスタジアムで勝利したチームとなった。 

トッテナム0-2チェルシー(A) | プレミアリーグ・ハイライト

ロンドンとリーグカップ

チェルシーは1965年にロンドンのチームとして初めてリーグカップを制覇し、現在もライバルよりも多くの優勝経験を持つ。初めての試合となった1960年ミルウォール戦での7-1の勝利は、現在でもこの大会におけるクラブの最多得点記録として残っている。

リーグカップにおけるトッテナムとの対戦結果
1971/72準決勝第1戦スタンフォードブリッジ勝3-2
 準決勝第2戦ホワイトハートレーン分 2-2
1990/91準々決勝スタンフォードブリッジ分 0-0
 リプレーホワイトハートレーン勝 3-0
2001/02準決勝第1戦スタンフォードブリッジ勝 2-1
 準決勝第2戦ホワイトハートレーン負 1-5
2007/08決勝ウェンブリー負 1-2
2014/15決勝ウェンブリー勝 2-0
2018/19準決勝第1戦ウェンブリー負 0-1
 準決勝第2戦スタンフォードブリッジ勝 2-1(PK4-2)

カラバオカップ第4戦

火曜
トッテナムvsチェルシー 19時45分(日本時間水曜3時45分、Sky Sports)

水曜

ニューポートvsニューカッスル 17時30分(Sky Sports)

バーンリーvsマンシティ 19時 (CarabaoCup.live)

ブライトンvsマン・ユナイテッド 19時45分(Sky Sports)

エバートンvsウェストハム19時45分

木曜
ブレントフォードvsフラム 17時30分(Sky Sports)

アストンヴィラvsストーク 19時

リヴァプールvsアーセナル 19時45分(Sky Sports)


試合前のスタッツ
 

チェルシーからその他