分析

ハフェルツ:連携は改善している

カイ・ハフェルツは土曜日の試合、チームとしての動きに改善がみられ、選手たちも自信を持ってプレーするようになったと指摘する。彼はこれらをさらに改善するには、チーム全体のコンディションの向上と戦術の浸透が必要であると考える。

コロナ禍の中、プレシーズンに十分な準備ができなかったことで、ハフェルツやそのほかの新加入選手は公式戦でぶっつけ本番となった。ブライトンでデビューした彼のパフォーマンスは試合を重ねるごとに良くなり、週末のクリスタルパレス戦ではさらにチームとしても進歩がみられた。

「前半は相手が守りを固めたこともあって、チャンスを作ることが難しかったけど、後半はうまくいった。チームとしても良かったし4ゴール決められた。これで更に自信を持つことができる。

代表戦の後もこの調子でプレーし続けなければならない。連携を図るのに少し時間がかかった。自分のようにプレシーズンなしの選手も多かったし、新加入選手も多いからね。慣れるまでだいたい1か月はかかると思う。他の国から来たり、若かったり色々背景は異なるけど、今ではみんな馴染んでいるよ。ピッチ上でも自分たちの力を発揮できるようになっている。もう少しコンディションを整えれば、もっと良くなると思う。今シーズンは色々な目標を達成したい。良い選手が揃っているし、監督も素晴らしい。タイトルを獲得するのがチームの目標だよ。」

プレミアリーグで4試合に出場したことで、ブンデスリーガとの違いも見えてきた。

「ドイツとはだいぶ違うし、だから順応するために少し時間が必要になるんだ。

プレミアリーグでは走る量が違うし、よりアグレッシブだ。ブンデスリーガはそこまでペースが速くないからプレーしやすい。ウェストブロムやブライトンのようなチームも良いサッカーをしている。」

データから見るパレス戦

チェルシーからその他