ニュース

マルコ・ファン・ヒンケルがオランダクラブへ復帰

マルコ・ファン・ヒンケルが2020/21シーズン、オランダのPSVアイントホーフェンに再度レンタル移籍することが決まった。

ファン・ヒンケルにとってPSV復帰は3度目となり、2016年とキャプテンを務めた2018年にはリーグ優勝を果たした。

故郷に戻るファン・ヒンケルは、膝の手術と長期にわたるリハビリにより2年間ピッチを遠ざかっている。

2013年フィテッセからチェルシーに移籍したファン・ヒンケルは、初年怪我で離脱するまでに4試合に出場した。その後ACミランとストークシティに移籍したが、もっとも成功したのはPSVでの時期だった。2016年1月に移籍し、16試合出場、デビュー戦での得点を含む8ゴールを記録し、チームのリーグタイトル保持に貢献した。

その後怪我のため翌シーズンはリハビリに徹することになるが、2017年1月に再度PSVに1年半の間レンタル移籍することが決まった。

ここでも移籍後の初戦で得点を挙げるなど、中盤での活躍が認められ、2017/18シーズン、チームのキャプテンに任命された。このシーズン、宿敵アヤックスを3-0で下し、PSVは再度リーグ王者となった。

その後、夏にひざの手術を行い、今年6月にチェルシーと契約を1年延長、レンタル期間を含めると彼のブルーズでの滞在期間は7年となった。

チェルシーからその他