ニュース

メディアウォッチ:サウスゲートがロフタス=チークを支持、サッリが新チームを模索、クラーク=ソルターが2部に移籍か

チェルシー関連の最新情報:ガレス・サウスゲートがルベン・ロフタス=チークのフラム移籍を支持した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

サウスゲートがロフタス=チークの選択を支持

The Standardによると、ガレス・サウスゲートが出場機会を求めてチェルシーを離れたことを指示した。

出場機会を得て完全に復調するために24歳のロフタス=チークは、移籍市場最終日に今季昇格したフラムに1年間レンタル移籍することを決めた。度重なる怪我により、クラブ及び代表での出場機会は減っていたが、2018年にイングランドがワールドカップ準決勝に進出した際、ロフタス=チークは代表のメンバーに入っていた。

「キャリアを考えた時、まずサッカーができるかが大事であり、フラムではコンスタントに試合に出場することができるだろう。怪我に悩まされていた彼にとって、それが一番大切なことだ。

良いプレーができれば代表にも近づけるだろう。だが、もう18か月近く代表から離れている。

彼が素晴らしい選手であることは周知の事実だから、フラムで試合出場を重ねて復調してほしい。」

アキレス腱の怪我により1年近くピッチを離れていたロフタス=チークだが、さらにパンデミックの影響もあり、まだ完全に復調とはいっていない。2018/19シーズンは彼にとって素晴らしい1年だった。中盤から10ゴール5アシストを記録し、バテ・ボリソフ戦ではキャリア初のハットトリックも決めた。

 

新天地を探すサッリ

イタリアのメディアは、マウリツィオ・サッリがクリスマス前に監督の仕事に戻るため、ユヴェントスとの契約を終了する交渉に入ったと伝えた。

 

サッリは昨季ユヴェントスの監督としてリーグ優勝を果たしたが、その後解任された。現在はフィオレンティーナとローマが彼に興味を示しているという。

Tuttosportによると、監督の友人は彼がフィオレンティーナを指揮することを夢見ているとのことだ。

「フィオレンティーナのファンとして、ベッペ・イアキーニ監督には敬意を払うが、マウリツィオをフィレンツェで見たい。彼がフィオレンティーナの監督になれば完璧だ」と語るサッリの友人。

さらにナポリへの復帰も噂されている。サッリはチェルシーで1年間監督を務め、チームはリーグ3位、そしてヨーロッパリーグではバクーで行われた決勝で宿敵アーセナルを破って優勝した。これが彼にとってキャリア初のトロフィーとなった。

 

クラーク=ソルターがチャンピオンシップへ移籍か

Goal.comの報道によると、ジェイク・クラーク=ソルターがクラブ・ブルッヘとトラブゾンスポルのオファーを断り、チャンピオンシップへの移籍を考えているとのことだ。

ダービー・カウンティ、ハダースフィールド・タウン、バーミンガム・シティ、そしてシェフィールド・ウェンズデーが興味を示しているという。クラーク=ソルターは昨シーズンバーミンガムでプレーし、23試合出場1得点を記録している。今後フランク・ランパード監督の構想に入るために、別のチームで成長を続けたいところだ。クラーク=ソルターはプレシーズンマッチのブライトン戦に出場し、多くのファンに強い印象を与えた。センターバックとしてボールをさばくことができ、さらに空中戦でも強さを見せるクラーク=ソルターはランパードにとって大きな戦力になる可能性を見せた。

「ジェイク・クラーク=ソルターはクラブ・ブルッヘやトラブゾンスポルなどの海外チームへのレンタルを断り、チャンピオンシップへ戻ることを優先したいようだ。まだ移籍先は決まっていないが、ダービー・カウンティ、ハダースフィールド・タウン、バーミンガム・シティ、そしてシェフィールド・ウェンズデーが候補に挙がっている。」

チェルシーからその他