ニュース

メディアウォッチ:英監督が過小評価されるマウントを称賛、クラークが2008年の敗戦を報復、順調な監督人生を過ごすニュートン

チェルシー関連の最新情報:ガレス・サウスゲートが日曜に行われたネーションズリーグ対ベルギー戦勝利の立役者メイソン・マウントを称賛した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

サウスゲートがマウントを称賛

日曜に行われたネーションズリーグ対ベルギー戦で2-1と勝利したイングランド監督ガレス・サウスゲートが、 TalkSport のインタビューに対し、メイソン・マウントを「非常に過小評価された選手」と表現した。

この試合、多くのファンがジャック・グリーリッシュではなくメイソン・マウントを起用したサウスゲートを疑問視した。

しかし、21歳のマウントは後半に代表2点目を決め、これが決勝点となり、イングランドはグループA2で首位となった。

「彼はトッププレーヤーだ。プレッシャー下でボールを受け取ることができる。もちろんまだ成長過程にあるし、前半はスペースを見つけることができなかったけど、スマートに動ける選手だ。戦術的な試合になると、フォワード陣の守備が重要になるし、彼のように守備と攻撃のどちらもできる選手が必要になる。マーカス・ラッシュフォードやドミニク・キャルバート=ルーウィンにも同じことが言える。」


クラークが2008年のPKを報復

Daily Mail の報道によると、スコットランド代表監督のスティーブ・クラークはEuro 2020のプレーオフでイスラエルをPK戦の末下し、2008年チェルシーでのチャンピオンズリーグ決勝の報復を果たした。

スコットランドはあと1勝で1998年ワールドカップ以来初の主要大会出場となるが、クラークにとっては12年前のモスクワでのPK戦が頭によぎったという。

「(2008年決勝対マンチェスター戦の)PK戦でジョン・テリーが滑ってチャンピオンズ優勝を逃してしまった。サッカーに対して貸しがあったんだ。だから今回はうまくいって本当に良かった。プレッシャーの中で緊張せずに気概を見せてくれた。ピッチ上での彼らの気迫は伝わってきたし、やってくれると思っていた。(試合は0-0の引き分けに終わり)良い内容とは言えないが、ハートの強さを見せつけることができた。」


トルコで夢を叶えたニュートン

Tribal Football の報道によると、元チェルシーMFでアシスタントマネージャーを務めたエディー・ニュートンがキャリアで初めてとなるクラブ監督としての生活を楽しんでいるとのことだ。48歳になるニュートンは、8年間過ごしたチェルシーを去り、今年からトルコのトラブゾンスポルに入り、7月にトルコカップで優勝した後、正式に監督に就任した。

 「トラブゾンスポルで夢のような生活をしている。」とトルコのスポーツメディアFanatikに語るニュートン。「仕事は難しいものだけど、チームも気に入っているし、プレッシャーも成功のためのモチベーションとなっている。勝ち続けることはより難しいことだ。できるだけ長い間勝ちたい。」ニュートンはサポーターの熱狂ぶりにも驚いている。「ショッピングモールでファンと写真を撮ったけど、誰を起用すべきか言ってきたんだ。トラブゾンの人はサッカーに詳しいと聞いていたけど、このようなことは初めて経験したよ。」

チェルシーからその他