ニュース

メディアウォッチ:エッシェンが監督に移行か、サウスゲートがマウント起用を説明、コールが無料食事券を濫用

チェルシー関連の最新情報:マイケル・エッシェンが選手から指導者に移行するにあたって、サッカーに対する情熱について語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

新しいレベルへ進むエッシェン

元チェルシーMFマイケル・エッシェンがFCノアシェランの公式YouTubeチャンネルで、サッカー界に居続けるために指導者になった経緯を明かした。

長時間インタビューの中で37歳のエッシェンは、まだプレーしたい気持ちはあるが、20年の現役生活を経て、新たなフェーズにあることを自覚していると語った。

「今までずっとサッカーのことが好きだったし、だからこれからも選手たちの傍にいたい。役割は変わっていくけど、選手たちと一緒にいたいんだ。新しいことに挑戦するというわけではなく、長年続けてきた現役から別のレベルに進むということなんだ。今までずっと選手だったから、少しずつ変えていきたい。今はコーチの資格を取るために研修をしている。違う役割に移行しないといけないんだ。ピッチが恋しいけど、永遠に現役ではいられないしね。どこかで自分を変えないといけないんだ。寂しいけど試合には関われるから、ほとんど変わらないかな。」

さらにエッシェンは現役生活20年の間でプレーしたクラブや国へ感謝の気持ちを述べた。

「世界中でサッカーをすることができた。」と語るエッシェンは、フランス、スペイン、イタリア、ギリシャ、インドネシア、そしてアゼルバイジャンのクラブでプレーした。「誰でもできることではないから、自分は恵まれていた。どの国でもサッカーを楽しむことができたよ。」


サウスゲートがマウント起用について解説

TalkSportは、英代表監督ガレス・サウスゲートが先日のネーションズリーグ対ベルギー戦でジャック・グリーリッシュではなくメイソン・マウントを起用したのは、後者のオフ・ザ・ボールでの献身的な動きのためだと報道している。

好調のグリーリッシュを外し、マウントを起用したことに対し、多くのサポーターが疑問を投げたが、サウスゲートの選択は、マウントが決勝点を決めマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたことで報われた。

TalkSportによると、昨季プレミアリーグのデータから見ると、高い位置からのプレッシャーという点でグリーリッシュを上回るマウント起用は、驚くことではないという。

「チェルシーとイングランド代表は、どちらもポゼッションを重んじており、ボールを取られた際にすぐにプレッシャーをかけることが求められる。マウントはその点で誰にも引けを取らない。攻撃陣から相手にプレッシャーをかけ、良い形でボールを奪い相手を攻めることができる。グリーリッシュがプレスをしないわけではないが、データでは平凡な結果となっている。グリーリッシュの方がマウントより才能があるという証拠はいくつもあるだろうが、サッカーにおいて才能とチームへの貢献のどちらを取るかは難しい判断となる。イングランド代表とチェルシーにとって、マウントは貴重な存在であるということだろう。」


コールが無料食事券の濫用を認める

カールトン・コールがTalkSportに対し、チェルシー時代に無料食事券を濫用して周囲にも食べ物を配っていたことを明かした。

元イングランド代表のコールは、プロデビューしたシーズン、当時FAのスポンサーだったマクドナルドから無料券を与えられたという。 

「食べ物が全部タダだった!一日一回しか使えなかったけど、何でも頼んでよかったんだ!だからハンバーガーを10個頼んだり、マンションの隣人に配ったりしていた。ブレントフォードの仲間を全員連れてバーガーやポテト、ミルクシェイクなどあるもの全部を注文した。あとで食事券は没収されたよ。毎日そんなことをやっていたからね!」

チェルシーからその他