インタビュー

ランパード「チェルシーのファンのために成功したい」

フランク・ランパードがファンのサポートに対し感謝し、スタンフォードブリッジに成功をもたらすことを誓った。

チェルシー歴代得点王のランパードは監督となって初のホームゲームとなった2019年のレスター戦を最も記憶に残る試合と振り返り、監督として成功を求めることに没頭するようになったと語った。

「最初の年は楽しめたし、ホーム初戦のレスターとの試合は今でも覚えている。初めてチェルシーの監督としてスタリッジのピッチサイドに出た時のファンの反応も覚えている。チームを出て別の役割で戻ってこれたのは感無量だった。気分が高揚したし、それを味わうことができた。これが自分のクラブで、この素晴らしいクラブで自分と同じようなキャリアを進めた人はそうはいない。今ここで監督として、できることをやり尽くしたい。」

クラブはこの夏に大型補強を行い、リヴァプールやマンチェスター・シティとのギャップを埋めようとしている。

ランパードはこの仕事が彼にとって夢だったことを明かし、彼のモチベーションやこの仕事のやりがいについて語った。

「難しい仕事だけど、その分得るものも大きい。毎日精進して成功するために努力している。」

「良い成績を残したいし、目標達成のためには多くの努力が必要なこともわかっている。全力で臨まない限りゴールは見えないだろう。この仕事が気に入っているし、チームに成功をもたらしたい。チェルシーに戻ってファンから歓迎され、彼らのためにも頑張りたいと思った。だから今チーム全員でその目標に向かって努力を重ねている。」

チェルシーからその他