ニュース

メディアウォッチ:ババがチャンピオンシップにレンタル移籍か、元チェルシーDFの再来と評価されるマートセン、元ブルーズFWがプロ復帰へ

チェルシー関連の最新情報:国内移籍市場が閉まる金曜日が近づき、チェルシーDFのEFLレンタル移籍が秒読みに。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ボロがババ獲得か

Northern Echo の報道によると、チャンピオンシップのミドルスブラはババ・ラーマンをレンタルで獲得することを希望しているが、チェルシーはまだ彼の将来について決めていないという。

ラーマンは2019/20シーズン、膝の故障によりレンタル先マヨルカで殆どの試合を欠場したが、プレシーズンにコブハムでトレーニングを行い、復帰する目途がたったようだ。

「彼は過去数週間U23のチームとトレーニングをしてきた。チェルシーのフロントはいくつかのクラブと交渉をしたが、欧州主要リーグへのレンタル移籍はこの夏の移籍市場では決まらず、1月までその可能性はなくなった。ラーマンがプレーに戻るのは、チャンピオンシップの可能性が高く、候補に挙がる数チームの中でもミドルスブラがブルーズと交渉しているとのことだ。中盤の左サイドでもプレー出来るラーマンは、ボロが是非とも獲得したい選手であるが、その他のチャンピオンシップのチームも彼の獲得に興味を示している。ワトフォードは正式にチェルシーにオファーを提示しており、ダービー・カウンティも獲得に動いている。」

チャンピオンシップのクラブへの移籍は金曜の午後5時までとなる。


チャールトン監督がマートセンを元チェルシーDFになぞらえる

チャールトン・アスレチックの監督リー・ボイヤーはイアン・マートセンが、2年前チャールトンでレンタル選手としてプレーし、クラブ年間最優秀選手になった元チェルシーDFジェイ・ダシルバになぞらえた。

クラブの公式ウェブサイト でボイヤーは18歳になるマートセンのレンタル移籍を歓迎した。

「彼は素晴らしい左SBだ。勇気のあるプレーをするし、キープ力も運動量もある。ボールを持って上がったりパスを出すプレーは、ジェイ・ダシルバに似ていると思う。ここにいる選手たちとは違った能力を持っている。」

ダシルバはチャールトンで18か月プレーし、プレーオフに出場した2017/18シーズンにはクラブ最優秀選手に選ばれた。ダシルバは昨季チェルシーからブリストルシティに完全移籍している。


スタリッジが復帰か

The Sun の報道によると、賭博に関する規律違反で出場停止処分を受けていた元チェルシーFWダニエル・スタリッジの復帰が近づいたという。

31歳のスタリッジは家族に移籍情報を流したため4か月の試合出場停止処分を受け、2月にトルコのトラブゾンスポルを退団していた。

現在フリーエージェントのスタリッジは、ノンプロのキッズグローヴ・アスレチックで練習を行っており、先日Instagramにジムでのトレーニング風景を公開し、「まだ頑張ってるし集中しているよ。カムバック間近だ。」と投稿した。

報道によると、元イングランド代表のスタリッジにはアストンヴィラ、スコットランドのレンジャーズ、イタリアのベネヴェントやMLSの数チームが興味を示しているとのことだ。

チェルシーからその他