マッチプレビュー

チェルシーvsサウサンプトン:スタッツ

チェルシーはホームで過去9試合中8試合勝利しており、今週末その記録を伸ばそうとしている。ここでは土曜日の試合に向けて主なデータを紹介しよう。


サウサンプトンにとって前回のボクシング・デーでのスタンフォードブリッジでの勝利は、リーグ及びカップ戦で4年ぶりとなった。ブルーズのサウサンプトン戦は過去9試合中8勝1分けとなっている。

サウサンプトンはリーグ連勝、そしてプレミアリーグでは1985年3月以来のブリッジでの勝利を狙っている。

サウサンプトンの全ての大会における対チェルシー戦ホームアンドアウエー連勝は1993年12月に遡る。

2017年12月ホームで行われたサウサンプトン戦ではマルコス・アロンソがチェルシーにおける唯一の得点を決めた。


最も得点差が開いた試合:

チェルシー 4-0 サウサンプトン           1973/74、2003/04
サウサンプトン 5-0 チェルシー           1968/69
サウサンプトンにとってアウェーでのチェルシー戦で最も得点差の開いた試合は1967/68シーズンの6-2だった。


チェルシーのスタッツ

チェルシーはホームで過去9試合中8勝しており、そのうち7試合はクリーンシートを記録している。9月のリヴァプール戦がホームでの最後の敗戦となっている。

2019/20シーズンから昇格チームを除きチェルシー(21試合中18試合)ほどホームで失点したクラブはない。

チェルシーの得点のうち76%は後半に決めたものである。

オリヴィエ・ジルーはサウサンプトンとの過去4戦で5ゴール決めている。
 

エドゥアール・メンディは出場した場合、プレミアリーグ2試合連続出場となり、これは2014年のペトル・チェフ以来の記録となる。

 

記録

オリヴィエ・ジルーはスタメンに選ばれた場合、チェルシーで50試合目の先発出場となる。

ベン・チルウェルにとってプレミアリーグ100試合目となる。

 

サウサンプトンのスタッツ

サウサンプトンはロンドンでのアウェーゲームで過去11試合中2勝7敗となっている(そのうち1勝は昨季のチェルシー戦)


ダニー・イングスは昨季全試合に出場し、チームの43%のゴールを決めた。今シーズンも5得点中3得点は彼が決めたものである。

サウサンプトンは12月21日以降、リーグでアウェー戦13試合中8勝している。

今シーズン開幕からクリスタルパレスとトッテナムに敗れたサウサンプトンは、その後バーンリーとウェストブロムに勝利している。
 

サウサンプトンはロナルド・クーマンが監督を務めていた2016年5月以降初めての3連勝を狙う。

サウサンプトンは今シーズン29回シュートを打たれているが、これはリーグ最少となっている。


 

チェルシーからその他