ニュース

メディアウォッチ:ジェイムズが退場処分後の挽回を誓う、ブルーズがユーヴェのスター獲得か、AVBがチェルシー時代を振り返る

チェルシー関連の最新情報:リース・ジェイムズがSNSでイングランド代表デビューを振り返った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

責任を感じるジェイムズ

ウェンブリーで行われた水曜日のイングランド代表デビュー戦で退場処分となったリース・ジェイムズが、Instagramでその責任を取り、経験から学ぶことを誓った。

ジェイムズは1-0で敗れたデンマークとの試合で良いプレーを見せたが、審判への抗議のために退場処分を受けた。

その後SNSで試合を振り返り、次のように語った。

「今夜の試合は色々なことがあった。このような試合で代表デビューできたことが誇らしい。試合終了後の退場処分についてはすべての責任を負う。このような経験によってもっと強い人間となり、これから毎日成長するために100%を出し切る。ファンのみんな、支えてくれてありがとう!」

TalkSportのインタビューで英代表監督ガレス・サウスゲートは敗戦を残念だと振り返ったが、ジェイムズのプレーには好印象を受けたと語った。

「彼は攻守にわたっていいプレーを見せてくれた。彼にとって思い出に残るデビュー戦となっただろう。退場処分は避けられただろう。悔しいのはわかるが、一線を越えてはいけない。」


ブルーズがディバラ獲得に動く?

Evening Standardの報道によると、イタリアでは今季インテルのラウタロ・マルティネス獲得に失敗したチェルシーがパウロ・ディバラの獲得に動いていると噂されている。

26歳のディバラは去年トッテナムへの移籍が噂されたが、Tutto Mercatoによると、ユーヴェとの契約更新が難航しており、ロンドンへの移籍を考慮しているという。

「チェルシーはディバラに興味を示しており、彼の契約延長について状況をうかがっている。チェルシーは今季ラウタロ・マルティネスを獲得しようとしたが、インテルのFWはバルセロナかレアル・マドリード以外のクラブからのオファーを断った。そして今、チェルシーは来季に向けてディバラの獲得に動いている。」


チェルシーでの経験を経て軟化したAVB

Copa90によるYouTubeでのインタビューで、アンドレ・ビラ=ボアスはチェルシー監督解任後、態度を軟化させたと語った。

FIFA 21の宣伝となったこのビデオにジネディーヌ・ジダン、ブレンダン・ロジャース、アントニオ・コンテ、そしてクリス・ワイルダーと出演したビラ=ボアスは監督の役割について議論を交わした。

監督のあり方について問われたビラ=ボアスは、ブルーズ時代の9か月間、戦術にこだわり過ぎていたことを認めた。

「戦術について非常に厳しかった」と語るビラ=ボアスは現在フランスリーグのマルセイユで監督を務める。「チェルシーでの経験により柔軟に考えるようになったことがその後役に立った。」

ビラ=ボアスはトットナム時代ウィリアンを獲得できなかったことについても語った。

「ダニエル・レヴィ―は聞きたくないかもしれないが、ウィリアンとはスパーズのオフィスで一緒にチャンピオンズリーグの決勝を見ていたんだ。そして彼は部屋を去りその夜チェルシーと契約したんだ。」

チェルシーからその他