ニュース

メディアウォッチ:ハーゼンヒュットル監督が語るヴェルナーの怖さ、メッシが過去チェルシーに急接近、ムソンダがドバイへ

チェルシー関連の最新情報:サウサンプトン監督ラルフ・ハーゼンヒュットルが土曜日の試合を前にティモ・ヴェルナーの能力について語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ハーゼンヒュットルがヴェルナーの怖さを語る

Goal.comの報道によると、土曜日に行われるブリッジでの試合を前に、サウサンプトン監督ラルフ・ハーゼンヒュットルがティモ・ヴェルナーのプレーについて高く評価した。

ハーゼンヒュットルはRBライプツィヒ時代、監督としてヴェルナーを見てきたが、今ではヨーロッパでも最高レベルのFWになったと考える。

「ヴェルナーは今まで見てきた中で最もスピードのある選手の一人で、DFにとっては非常に厄介な存在だ。」と土曜のブリッジでのチェルシー戦を前に報道陣に対して語ったハーゼンヒュットル。

ヴェルナーは、今シーズンランパード監督のもとで左サイドでも1トップでもプレーできることを証明しつつある。カラバオカップ対トッテナム戦でゴールを決めたヴェルナーだが、ハーゼンヒュットルからするとまだ彼本来の実力を発揮できていないという。

「まだ開幕から数試合しか経っておらず、彼は本領を発揮していない。まだ1ゴールしか決めていないし、それもカラバオカップでのことだ。今はストライカーとして成熟してきているし、目覚ましい成長を見せている。チェルシーにとっては素晴らしい戦力となるだろうし、彼はゴールすることにしか喜びを感じない。だから今回は試合後落ち込んでほしいね。」

メッシが過去チェルシーに大接近

記者のジャンルカ・ディ・マルツィオによると、2014年のホセ・モウリーニョ監督時代にリオネル・メッシがチェルシー入団寸前だったとのことだ。

メッシはモウリーニョとの会談後にブルーズ入団を決意し、チェルシーも移籍金2億3000万ポンドを支払う用意ができていたという。

Sky Sportsの報道によると、ディ・マルツィオは自著『Grand Hotel Calciomercato』の中でこのエピソードを「最も知られていない移籍市場の寓話」として明かしている。

この交渉はメッシの父ホルヘと元チェルシーMFデコの間の問題によって破談になったという。

デコは若手時代のメッシとバルセロナでチームメイトだった。

メッシの父ホルヘはこの交渉に関与できなかったことを不服として、息子リオネルにバルサ残留を求めたという。

 

ムソンダがドバイでトレーニング

怪我に苦しみ、復帰できる見込みは2割しかないと医者に告げられたチャーリー・ムソンダがピッチに戻るために奮闘している。

Daily Mailの報道によると、ムソンダはドバイのトップクラスのアスリートが利用するTransform Altitude Centerでトレーニングを積んでいるとのことだ。

ムソンダは最近、Instagramに怪我による苦難を投稿した。

「最後に試合をしたのは4年前、クラブでプレーしたのは3年前、それも2試合だけだ。後十字靭帯の怪我にずっと悩まされている。サッカーが恋しいし、プレーできるために何でもしたい。怪我をしていても夢を持つ子供たちのために、挫折を経験している彼らのためにも絶対に諦めない。」

「チャーリーがここドバイに来て2週間になるが、ピッチに戻るためにコーチのニックとハードなトレーニングを続けている。もっと酷い怪我に悩まされたアスリートも見てきたし、彼も復帰できることを祈っている。」

チェルシーからその他