分析

結果に苛立ちを感じるハフェルツ、サウサンプトン戦を振り返る。

2度もリードしながらも、勝ち点1に終わったスタンフォードブリッジでの土曜日の試合後、チェルシーのドレッシングルームでは、誰もが苛立ちを隠せなかった。様々な感情が入り混じる中、カイ・ハフェルツは他の選手より複雑な感情を抱えていた。

The German scored his first Premier League goal to make it 3-2 against Southampton with half an hour remaining, restoring our advantage following Danny Ings’s brace, but it had been the 21-year-old caught in possession that led to the Saints halving the deficit at a crucial moment just before half-time and he could only watch as Jan Vestergaard snatched a late leveller in stoppage time.

After the game, Havertz summarised the post-match feeling in the camp and urged his team-mates to stick together in order to find solutions.

‘We’re very frustrated about the result,’ he said. ‘We had 42 good minutes in the first half but then I made a mistake and we conceded a goal, which changed the game a little bit.

「3-2にしたのだから、結果を出してホームで勝利を手にしなければならなかったが、それができなかった。しっかりと連携を高めて、次の試合で良い結果を残すしかない。」と語った。

フランク・ランパード率いるチームは、今季2度目の3ゴール失点を喫した。ハフェルツはこれらの原因についてチーム全体の責任だと考えており、練習場で共に過ごす時間を増やすことが不可欠であると語った。

「全員が責任を取らなければならない。」と続けた。「ピッチには11人の選手がいるし、全員がハードワークをして、このような失点を防がなければならない。」

「ミスをするのは一人とは限らないので、全員がミスに目を向けて、問題を解決しようとしなければならない。」

「試合間の練習日が1、2日、全員が集まるのは1度しかない。どのチームもおおよそ似たような状況に置かれていると思うが、ここまで準備の時間が足りなかったように思うので、練習から全員でハードワークをして連携を深め、次戦を迎えたい。」

ハフェルツの英国初ゴールでランパード率いるチームが勝ち点3を確保するのに十分かと思われたが、アディショナルタイムに3点目を奪われてしまったことで、チェルシーにとって残念な一日となってしまった。

「あのゴールが試合を決めるものになっていれば良かった。」と付け加えた。「もちろん、ゴールには満足しているが、結果には不満を感じている。ホームで勝ち点3点を取らなければならないし、出来るはずのことが出来なかったので、今日は残念な日になってしまった。」

チェルシーからその他