分析

ランパード:「油断が命取りとなるチャンピオンズリーグでは集中力が必須となる」

今シーズンのチャンピオンズリーグは通常よりも遅れて、今週火曜日ホームでのセビーリャからスタートする。フランク・ランパードにとっては、若いチームがこの大会でどのようなプレーを見せるか気になるところだろう。

多くの選手にとって、先シーズンのチャンピオンズリーグは初めての欧州トップレベルでの経験となった。チェルシーはその後この大会を制覇したバイエルン・ミュンヘン相手にラウンド16で敗退した。

コロナウィルスのパンデミックにより昨季のチャンピオンズリーグは8月に閉幕したが、今シーズンのチェルシーの最初の対戦相手は昨季ヨーロッパリーグを制したセビーリャとなる。

「昨季ここでプレーした選手にとっては、バイエルン・ミュンヘンとの試合など、この大会で多くを学んだだろう。世界トップレベルのクラブがひしめき合うのがチャンピオンズリーグだ。選手たちももっといい成績を残したいだろうし、昨年どれだけ成長できたかを見ることができるだろう。」

「この夏に移籍してきた選手たちはチャンピオンズリーグの経験も豊富だ。チェルシーは若い選手を多く抱えているから、緊張感の高まるチャンピオンズリーグでどれだけ実力を発揮できるかがカギとなる。相手チームのレベルを考えると、特に初戦のセビーリャとの試合は注意して臨まないといけない。」

チェルシーからその他