ニュース

メディアウォッチ:恩師が明かすチルウェルの才能、チェルシーがスイス人MFに興味を示す、ブルーズのレジェンドがチェフの召集リスト入りにコメント

チェルシー関連の最新情報

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ベン・チルウェルの恩師がThe Sunの取材に対し、彼はクリケットの選手またはビジネスマンとしても成功しただろうと語った。

ベッドフォードシャーにあるアンプトヒルのレッドボーン・アッパー学校の恩師であるアンディ・フムスリーは、チルウェルが素晴らしいスポーツマンで、学生としても優秀であったことを明かした。

「ベンは才能豊かなスポーツマンで、16歳まではクリケットをやっていた」とチルウェルがサッカーを始めた頃を振り返るフムスリー。

「サッカー選手になっていなかったら間違えなくクリケット選手になっただろう。クリケットをやっていなかったら、ロンドンに行ってビジネスマンになっていたかもしれない。彼は素晴らしい若者で、理路整然としており、頭もよく、人からも好かれ、ユーモアもあり、非常にコミュニケーション能力の高い学生だった。」

ブルーズがスイス人MF獲得か

The Expressの報道によると、チェルシーはボルシア・メンヒェングラートバッハのスイス代表MFデニス・ザカリアに興味を示しているという。

The Expressは、ブルーズはジュネーブ出身で母親が南スーダン人で父親がコンゴ人のザカリアの獲得をマンチェスターの2チームと競っているというドイツ・Bild紙の記事を引用した。

「その話は本当だが、彼の獲得に動いているのはチェルシーだけではない」と語るBildの記者クリスチャン・ファルク。

「素晴らしい活躍を見せるザカリアがチェルシーの獲得リストに入っていることは明らかだ。しかし彼にはマンUとマンCも興味を示している。まだ目立った活躍のない選手にしてはザカリアは非常に高額だ。グラートバッハはドイツやそのほかのビッグクラブが彼に興味を示していることを把握している。今年移籍するとは思わないし、グラートバッハも売る気はないだろうが、5000万から6000万ユーロを支払う気があるクラブがあれば、もちろん交渉に応じるだろう。来年はザカリアの移籍が話題になるだろう。」


ゾラがチェフの召集メンバー入りを支持

ジャンフランコ・ゾラはTalkSportに対し、ペトル・チェフは緊急時、必要な場合チームの補欠としてGKの穴を埋めることを断らないだろうと語った。

チェフは去年現役を引退し、チェルシーのテクニカル・パフォーマンス・アドバイザーに就任した。しかし、今季4人目のGKとして選手登録されたこともあり、もしかすると再度ブルーズの選手として試合に出場する可能性がある。

「ニュースを聞いて驚いているよ。38歳という年齢は、現代のGKにとってそれほど変わったことではない」と語るゾラは2005年39歳の誕生日を迎える直前に現役を退いた。

「ペトルは素晴らしい能力と経験を持っているが、正直言って彼の今のコンディションがどうなのかはわからない。だけど彼は経験も能力も申し分ないから、間違いなくプレーできるだろう。」

チェルシーからその他