ニュース

メディアウォッチ:ロックダウン後の好調ぶりが注目されるチェルシー、ロフタス=チークとの再会を喜ぶアイナ、ポジェがブラジルで監督復帰か

チェルシー関連の最新情報:プレミアリーグの統計によると、ブルーズは新型コロナウイルス感染症によるロックダウン後に大きく躍進した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ロックダウン後大きな改善が見られたチェルシー

TalkSportによると、ロックダウンの前後のプレミアリーグの統計で、チェルシーが試合あたりの勝ち点で最も改善が見られたチームの1つとなった。

ロックダウン前と6月17日以降無観客で行われたプレミアリーグ140試合ずつを分析した結果、試合あたりの勝ち点が伸びたチームとして、ブルーズがアストンヴィラ、サウサンプトン、ウェストハムに次いで4位となった。チェルシーは0.5ポイント伸ばし、ロックダウン前の1.36からロックダウン後は1.86を記録した。

パンデミック前に降格ゾーンにいたヴィラは現在リーグ2位で、0.77から1.57と0.8ポイント伸ばし、サウサンプトンは0.72ポイント、ウェストハムは0.57アップとなった。リヴァプールは下から2番目で0.86ダウン、最下位のシェフィールド・ユナイテッドは0.91ダウンとなった。

 

アイナがロフタス=チークとの再開を歓迎

オラ・アイナがフラムの公式ウェブサイトで、チェルシーのユース時代を共にしたルベン・ロフタス=チークとの再会を喜んだ。

アイナは2019年にチェルシーからトリノに完全移籍したが、今シーズンはフラムにレンタル移籍している。

ロンドンに戻ったアイナはチェルシーからレンタル移籍したロフタス=チークとの再会を果たした。

 「Skyでニュースを見てすぐにメッセージを送ったよ。返事が来なかったから本当に来るんだと思った。実際そうなったから嬉しかったよ。文字通りルベンとは人生ほとんどを共にしてきたから、彼がどういうプレーをしたいか、どういうパスを受けたいかわかっている。彼とは昔馴染みだし再会は自然だったし、いい気分だったよ。」

ポジェがパルメイラス監督就任か

ブラジルからの報道によると、グスタボ・ポジェがサンパオロ・パルメイラスの監督に就任性があるとのことだ。ウルグアイ出身のポジェは2018年にボルドーを退団してから監督業を離れているが、ブラジルのスポーツサイトEsporte Interativoによると、先週ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴをする可能解任したパルメイラスで復帰する可能性が高い。

報道によると、パルメイラスのフロントは、ポジェ、エクアドルのインデペンディエンテ・デル・バジのスペイン人監督ミゲル・アンヘル・ラミレス、MLSのLAギャラクシーのアルゼンチン陣監督ギジェルモ・スケロットを次の監督候補に挙げている。

ルシェンブルゴは今年サンパオロ州リーグでパルメイラスを優勝に導いたが、セリエAで3連敗し、チームは8位と低迷、来季のコパ・リベルタドーレス出場権も逃した。

チェルシーからその他