ニュース

リュディガーとの関係とアウェーでの試合について語るランパード

クラスノダール・スタジアムでのトレーニングを前に、フランク・ランパードがメディアに対して記者会見を行い、その中でトニ・リュディガーについて今日の試合で起用する可能性があると語った。

ランパードはロンドンに残ったチアゴ・シウバとケパ以外、このロシア遠征に参加した全選手が出場できると語った。シウバが休養を取り遠征に参加しないため、リュディガーが出場する可能性もある。チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節の試合前日の記者会見でメディアに対してそのことについて訊かれたランパードは次のように答えた。

「アントニオや他の選手とは常に話をしている。」と答えたランパード。

「彼とは常にいい関係を持っている。自分の選択はクラブやチームのためであり、時には選手たちを召集メンバーから外さないといけないこともある。彼とは非常に良い関係にある。メンバー入りし、試合に出場する可能性も高い。」

ロシア人記者に今夜の対戦相手でチャンピオンズリーグ初出場となるクラスノダールの印象を聞かれたランパード。

「抽選後から自分自身もスタッフも彼らの試合をチェックしている。個々の才能もチームとしての能力も把握している。初めてのチャンピオンズリーグということで、プレミアリーグのチーム相手に結果を出すために高いモチベーションで試合に臨むだろう。チェルシーも試合に集中している。」

先シーズン、チャンピオンズリーグのアウェーゲームで素晴らしい結果を残したチェルシー。バレンシアに敗れたものの、その後リールとアヤックスに勝利した。ランパードは昨シーズンと同じようなパフォーマンスをチームに期待する。

「去年は初戦で敗れたが、その後リールとアヤックスに勝利した試合では、チームとしてのパフォーマンスが良かった。試合を優勢に進めることが大事だ。ロシアに来て初めてチャンピオンズリーグに参加するチーム相手に楽勝できると思われているだろう。試合を支配し、このグループリーグを突破することが目標だ。」

チェルシーからその他