ニュース

メディアウォッチ:チェルシーアカデミーが多くの選手を輩出、クラスノダールのコーチがブルーズ戦を分析、エデン・アザールが負傷から復帰

チェルシー関連の最新情報:チェルシーのアカデミーがプレミアリーグに多くの選手を輩出していることが注目されている。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズが多くの育成選手を輩出

The Sunの報道によると、チェルシーアカデミー出身の14選手が現在プレミアリーグでプレーしている。

Bettingoddsの調査結果によると、チェルシーはマンチェスター・ユナイテッドに続き、アカデミー選手を6人擁し(アンドレアス・クリステンセン、カラム・ハドソン=オドイ、フィカヨ・トモリ、メイソン・マウント、リース・ジェイムズ、タミー・エイブラハム)、その他に8選手がプレミアリーグでプレーしている。

3位が13選手を輩出したサウサンプトンで、それに続くのが12人のアーセナルと11人のウェストハム。

多くのイングランドのクラブが名を連ねる中、ヨーロッパではアヤックスとベンフィカが8人ずつプレミアリーグでプレーする選手を輩出している。

選手の価値で見ると、メイソン・マウントが4050万ポンドとアカデミー卒選手として最も高額になっている。

クラスノダールのコーチがチェルシーとの試合を分析

今シーズン、クラスノダールのフィジカルコーチに就任したジョン・フィリップスがチームの公式ウェブサイトで、今夜チャンピオンズリーグで対戦するチェルシーは、攻撃的な布陣で試合に臨むだろうと語った。

過去にサウサンプトンとクイーンズ・パーク・レンジャーズでコーチを務めたイギリス人コーチのフィリップスは、クラスノダールはグループステージのホーム初戦、チェルシーとの試合で勝ち点を獲得するには、チーム全体の献身が必要になると言う。

「チェルシーは他のイングランドのクラブ同様、アグレッシブでスピーディーなプレーを見せるだろう。アウェーでも試合を支配することが予想され、クラスノダールは怪我人が多いため、難しい試合になるだろう。チェルシーは個人プレーでチャンスをつくれる選手を多く抱えている。アグレッシブにいい試合をして、試合終了まで集中力を切らすことは許されないだろう。集中力を切らせば相手にチャンスを与えてしまう。相手を恐れることなく、アグレッシブにゲームを支配しなくてはならない。」


アザールが負傷から復帰

Goal.comによると、元チェルシーのエデン・アザールが火曜のボルシア・メンヒェングラートバッハ戦で長期離脱から復帰し、2失点を許したチームは2-2で引き分けた。

右脚の肉離れによってピッチを離れていたアザールは、2-0でリードされた状態でヴィニシウス・ジュニオールに代わって20分間プレーした。

カリム・ベンゼマとカゼミーロの後半終盤のゴールにより、ドイツで勝ち点1を獲得したレアル。アザールはこの引き分けを勝利に近いものとして喜んだ。

「ここに来たのはサッカーのためだ。だから2、3か月ぶりにピッチに戻れてうれしい。サッカーがしたいだけなんだ。この引き分けは、勝ち点は3ポイントではないが、勝ったようなものだ。2点リードされ、残り5分で追いつくことができた。もう1点入れることもできたと思う。得点するチャンスはあったけどミスしてしまった。だけど試合に勝って3ポイント獲得したような気分だよ。」

チェルシーからその他