ニュース

メディアウォッチ:チルウェルが精神衛生の問題を語る、チアゴ・シウバが家族と団らん、キャラガーが元ブルーズのボーンマス入りに反対

チェルシー関連の最新情報:ベン・チルウェルが去年精神的な問題を抱えていたことを明かした。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

チルウェルが心の病を明かす

Sky Sportsの報道によると、ベン・チルウェルがSNS上で心の病について話し、昨年彼自身も精神的に苦しんだ時期があったことを明かした。

チルウェルは昨季レスターで素晴らしい活躍を見せ、この夏チェルシーに移籍したが、昨年は精神面でサポートを必要としたと語った。

「去年は自信を失い、毎日の生活に影響が出た」とTwitterで明かしたチルウェル。

「そのことについて話す相手を見つけたことに大きく助けられた。サッカーでは弱みを見せることは許されない。だけど人生の難題や問題について周りの人と話せることは大事だ。誰もがそういう経験をしているし、このツイートを見て、自分の問題を周りの人に打ち明け、自分では解決できなかったことについて話せるようになればいいと思う。」

チルウェルはInstagramのストーリーでもメッセージをシェアし、「特に今のような状況でこの問題について話すことは大事だと思う。」とコメントした。


チアゴ・シウバが家族とロンドンでの生活を満喫

The Sunの報道によると、今週のチャンピオンズリーグ、ロシアでの試合に参加しなかったチアゴ・シウバは、家族と新しい環境を楽しんでいるようだ。

フランク・ランパードがシウバをクラスノダールへの遠征に召集しなかったことで、彼は妻と2人の子供とロンドンでボーリングを楽しむなど、貴重な時間を過ごすことができたとのこと。

シウバは家族とロンドンでの1日を楽しみ、ボーリングで最初の2フレームでストライクを取った得点表を公開した。

さらに自宅で特別なハイテクマッサージ器をつけている写真も公開した。

報道によると、このハイテクズボンは様々な方法で筋肉をマッサージし、疲れを取り血行を良くするそうだ。


キャラガーがテリーのボーンマス入りに反対

Daily Expressの報道によると、元リヴァプールDFジェイミー・キャラガーがポッドキャストで、2016年に当時チェルシーを退団したジョン・テリーに、ボーンマスに行くべきではないと語っていたことを明かした。

ライアン・ギグスと共にThe
Greatest Game Podcastに出演したキャラガーは、チェルシーと契約終了したテリーは、レベルの低いクラブでプレーすべきではないと助言したという。

「ジョン・テリーがチェルシーを退団する時に、ボーンマスが彼の獲得に興味を示していると言ってきたんだ」と語るキャラガーは、2013年にキャリア全てを過ごしたリヴァプールで選手活動から引退した。

「彼には『チェルシーのように毎試合クリーンシートにはならないよ!毎試合3点は取られる。』と言った。キャリア終盤は慎重に将来のことを決めなくてはならない。」

チェルシーからその他