ニュース

ランパード、完璧なパフォーマンス、軌道修正の成功、ツィエクの性格とプリシッチの怪我について語る

3ゴール、4試合連続の完封、アウェーでの勝利で、フランク・ランパードは土曜の午後、チームがバーンリーを3-0で破ったことを「完璧なパフォーマンス」と称賛した。

ハキム・ツィエク、クルト・ズマ、ティモ・ヴェルナーのゴールで圧倒し、エドゥアール・メンディが5試合連続の完封を達成したことで、ランカシャーで勝ち点3を無事に獲得した。

試合後、ランパードは4-3-3のシステムに切り替えたことで、チームがバランスを見つけることを指摘し、ウォームアップで負傷して試合から遠ざかったクリスティアン・プリシッチについても言及したが、まずはこの日の全体的な仕事ぶりを評価することから始めた。

「とても完成されたパフォーマンスだと思った」と彼は語った。「バーンリーは非常に難しい状況を作ってくるので、自分のたちのボックスをしっかりと守り、ファーストボックスとセカンドボックスを強固なものにする必要があった。それを一つの焦点にして、もう一つの焦点は、我々がいかにポゼッションを保って試合を展開できるかだった。」

「今日は、その2点が私を満足させた。開始1分から試合終了までチームのパスや動きがとても良かったし、良いステップになったと感じている。」

ゴールとアシストを記録し、絶賛されるツィエク

「パスを狙う目、パスを受ける目、クロス、アシストなど、彼の資質はよく知っていたので、多くを期待していたが、彼がここに来てから見てきたのは、プレーするときの彼の性格の良さだ。彼はボールを欲しがるが、ボールがない時の仕事ぶりも非常に良い、その資質が我々に大きな後押しを与えてくれた。数日で2試合というのは、長い間プレーしていなかったため、テストの意味もあったが、彼にとって本当に良いスタートを切ることができた。」

チームのバランスに満足する指揮官

「今日は確かにバランスが取れていたし、それに取り組んだ。今はフィジカル面のトレーニングは多くできないが、昨日も練習場で何度も話し合った。それは新しい選手を入れた時のプロセスの一部だ。無失点を維持してゴールが決まっているということは、正しい方向に進んでいるということだ。」

プリシッチの怪我にも言及

「彼はハムストリングに違和感があったので、外さなければならなかった。ウォームアップでそれを感じた後、彼はプレーできなかったので、スキャンしなければならないだろう。調子は悪くなかったし、ここ3試合に出場しているので、ストレスを感じていると思う。」

完封に言及して締めくくったランパード

「完封は、チームの活力の表れだ。チアゴ・シルバとエドゥ・メンディのおかげだが、守備の仕方に対するチームのメンタリティーにも助けられている。このような勝利の後に飛び上がるつもりはないが、本当にポジティブな一日だった。」

チェルシーからその他