分析

チルウェル:攻守ともに主役級の活躍

ベン・チルウェルは、ターフ・ムーアでの見事な勝利に関して、この新しいチームのオールラウンドな能力を示す2つの側面について語った。

ブルースはバーンリーを相手に、ピッチの両端で主導権を握り、3ゴールを記録、クラレッツの枠内シュートを1本に抑え込んだ。これでチルウェルはチームメイトと共に、4試合連続の完封を達成し、4日間で7ゴールを記録したことになる。

チルウェルは、「パフォーマンスと姿勢という点では完璧な一日だった」と語った。

「タフな試合だった。戦いの準備ができていない状態で試合に臨めば、やられる可能性があることはわかっていた。それは彼らが望んでいることだ。でも、僕らは戦う準備ができていたし、自分たちのスタイルでサッカーができた。全員が役割を全うし、ゴール前でも落ち着いたプレーが出来ていた。守備の連携も強固なものだった。」

試合前、クリスティアン・プリシッチに代わり、ティモ・ヴェルナーを先発起用しなければならなかったことが、大きな懸念材料となった。チルウェルは、チーメイトに起こった不運に同情を示しながらも、ランパード率いるチームの選手層の厚さを証明した出来事だと指摘した。

「クリスティアンはウォームアップで怪我をしてしまい、チーム全員が残念に思っている。ただ、ティモが入ったことはポジティブなことで、チーム力を示す出来事だった。」

「競争は、私たち全員の背中を押してくれるし、良いチームを作るための重要な要素の一つだ。各ポジションに2、3人良い選手がいて、ポジションを争っている。それがチームの成長を後押ししてくれるだろう。」

チェルシーからその他