Japan

一週間のダイジェスト

4試合連続クリーンシートついてランパードとチルウェルのコメント、バーンリーとのアウェー戦での快勝について言及、そしてその他のチェルシーに関する一週間のトピックを紹介する。

ランパードはバーンリー戦の後、「完璧なパフォーマンス」と称賛

3ゴール、4試合連続の完封、アウェーでの勝利で、フランク・ランパードは土曜の午後、チームがバーンリーを3-0で破ったことを「完璧なパフォーマンス」と称賛した。

「とても完成されたパフォーマンスだと思った」と彼は語った。「バーンリーは非常に難しい状況を作ってくるので、自分のたちのボックスをしっかりと守り、ファーストボックスとセカンドボックスを強固なものにする必要があった。それを一つの焦点にして、もう一つの焦点は、我々がいかにポゼッションを保って試合を展開できるかだった。」

「今日は確かにバランスが取れていたし、それに取り組んだ。今はフィジカル面のトレーニングは多くできないが、昨日も練習場で何度も話し合った。それは新しい選手を入れた時のプロセスの一部だ。無失点を維持してゴールが決まっているということは、正しい方向に進んでいるということだ。」


チルウェル:攻守ともに主役級の活躍

ベン・チルウェルは、ターフ・ムーアでの見事な勝利に関して、この新しいチームのオールラウンドな能力を示す2つの側面について語った。

ブルースはバーンリーを相手に、ピッチの両端で主導権を握り、3ゴールを記録、クラレッツの枠内シュートを1本に抑え込んだ。これでチルウェルはチームメイトと共に、4試合連続の完封を達成し、4日間で7ゴールを記録したことになる。

チルウェルは、「パフォーマンスと姿勢という点では完璧な一日だった」と語った。

「タフな試合だった。戦いの準備ができていない状態で試合に臨めば、やられる可能性があることはわかっていた。それは彼らが望んでいることだ。でも、僕らは戦う準備ができていたし、自分たちのスタイルでサッカーができた。全員が役割を全うし、ゴール前でも落ち着いたプレーが出来ていた。守備の連携も強固なものだった。」


ランパードがプリシッチノ怪我について語る

プランク・ランパード監督のバーンリー戦のスタメンに含まれていないプリシッチの怪我を言及した。

アメリカ出身のプリシッチはバーンリー戦の前のトレーニング途中、ハムストリングに違和感があった為、代わりにティモ・ヴェルナーが先発で出場した。

「彼はハムストリングに違和感があったので、外さなければならなかった。ウォームアップでそれを感じた後、彼はプレーできなかったので、スキャンしなければならないだろう。調子は悪くなかったし、ここ3試合に出場しているので、ストレスを感じていると思う。」

ギルモアがトレニンーグへ復帰

チェルシーの若手ミッドフィルダービリー・ギルモアが長い欠場の後、先週金曜日コブハムトレニンーグセンターへ復帰した。

昨シーズンクリスタルパレス戦で膝の負傷を負ったギルモアは、先週の金曜日午後のトレーニングセッションに加わった。これでギルモア選手は今シーズンに揃って出場することになりそうだ。

チェルシーからその他