ニュース

レンヌ戦を前にプリシッチの負傷について語るランパード

フランク・ランパードはクリスチャン・プリシッチをレンヌ戦に召集しないことを明かしたが、怪我は懸念することではないと語った。

プリシッチはバーンリー戦前のウォームアップでハムストリングに違和感を覚え、代わりにティモ・ヴェルナーが出場、チームは3-0で快勝した。

ランパードは試合前のビデオ会見で、プリシッチの怪我は重度のものではないが、レンヌ戦では起用しないことを明言した。

「クリスチャンは昨日診察を受け、ハムストリングを若干怪我していることが判明した。」

「非常に軽い怪我なのは朗報で、既にトレーニングを再開している。明日の試合には間に合わないが、今後様子を見ていく。もちろん軽傷で、クリスチャンも気を落としていないことは安心できる。バーンリー戦に出なかったのは良い判断だった。」

「重度の怪我でなくてほっとしている。チームにとって大事な選手だから、すぐに帰ってきてくれることを祈る。筋肉の怪我は慎重にならないといけない。ぎりぎりの状態でプレーしている選手もいるし、スピードのある選手は怪我をしやすい。クリスチャンについては様子を見ていくし、これからも怪我の対策を取っていく。彼は素晴らしい選手だし、チームにとって大切な選手だ。」

「重度の怪我でなくてほっとしている。チームにとって大事な選手だから、すぐに帰ってきてくれることを祈る。筋肉の怪我は慎重にならないといけない。ぎりぎりの状態でプレーしている選手もいるし、スピードのある選手は怪我をしやすい。クリスチャンについては様子を見ていくし、これからも怪我の対策を取っていく。彼は素晴らしい選手だし、チームにとって大切な選手だ。」

「2試合を消化して、現状に満足しているが、油断は禁物だ。これからも最高の状態で試合に臨まないといけない。クリーンシートは良い事だし、攻撃面でもゴールを量産できている。これからさらにチームとして向上していくべきだ。ある程度良くはなってきているが、このチームにはまだ伸びしろがある。ここで調子を落とすことはできない。」

チェルシーからその他