マッチプレビュー

チェルシーvsレンヌ – スタッツ

チェルシーvsレンヌ 過去の戦績

チェルシーはヨーロッパ大会でレンヌと対戦したことがない。レンヌはチェルシーにとってCLの56クラブ目の対戦相手となり、フランス勢では6チーム目となる。

リーグ・アン所属チームでは去年のCLグループステージでリールと対戦し、ブルーズはホーム・アウェーともに勝利した。タミー・エイブラハムが両試合で得点し、ブリッジでの2試合目ではセサル・アスピリクエタが決勝点を決めた。

ブルーズはフランス勢相手にホームで9試合中1試合のみ敗れている(5勝3分け)。ブルーズは2015/16シーズン、ホーム行われたPSGとのラウンド16第2試合を2-1で落とし、合計4-2で敗退となった。


チェルシーのチャンピオンズリーグにおけるホームでの最多得点差勝利

2014年10月21日 チェルシー 6-0 マリボル グループステージ

2017年9月12日 チェルシー 6-0 カラバフ グループステージ

レンヌのヨーロッパ大会におけるアウェーでの最多得点差勝利

2011年7月28日 メタルルギ・ルスタヴィ 2-5 レンヌ ヨーロッパリーグ予選第3試合

チェルシーのスタッツ

チェルシーはカラバオカップでPK戦の末トッテナムに敗れて以降、6試合負けていない。90分間での敗戦は11試合中前半に退場者が出たリヴァプール戦のみ。

水曜日の試合は17シーズン参加したCLのグループステージ99試合目(1999/2000シーズンの第2グループを除く)となり、あと1ポイントで勝ち点200に到達する。

去年のバレンシア戦以降、CLグループステージでは7試合連続負けなし(4勝3分け)となっている。

グループステージでは、ここ15試合のうちバレンシア戦のみが敗戦で、戦績は9勝5分け。

チェルシーはCLで2013年の10月・11月(ステアウア・ブカレスト、シャルケとの2試合)以来初めての3試合連続クリーンシートを狙う。

グループリーグ開幕から3試合連続でクリーンシートを達成したのはカルロ・アンチェロッティ監督時代の2009/10シーズンに遡る。

エドゥアール・メンディは6試合中5試合でクリーンシートを達成しており、デビュー戦となったトッテナムとの試合でのみ失点を許した。

ハキム・ツィエクはスタメン出場したCL15試合で13ゴールに直接絡んでいる(6ゴール7アシスト)。

ツィエクは2014年8月のジエゴ・コスタ以来、初めてスタメンデビューから2試合連続でゴールを決めた。

記録

スタメンに選ばれれば、オリヴィエ・ジルーにとって全大会で50試合目のスタメン出場となる。

バーンリー戦でクル・ズマはスタメン出場100試合を、メイソン・マウントは50試合を達成した。

レンヌのスタッツ

昨季リーグ・アンで3位となったレンヌは、この2020/21シーズンが初めてのCL参加となる。ヨーロッパ大会出場は3年連続。

2018/19シーズンにヨーロッパリーグのラウンド16に進出したレンヌだが、昨シーズンはグループリーグでセルティック、クルジュ、ラツィオに次ぎ最下位となった。

レンヌはヨーロッパ大会で9試合中1勝しかしていない(6敗2分け)。

レンヌはヨーロッパ大会でここ5試合のアウェーゲーム全てを落としている。アウェーでの最後の勝利は2018/19シーズンのヨーロッパリーグ・ラウンド32のレアル・べティス戦。

レンヌはイングランドのクラブ相手にアウェーで2敗、ホームで2勝している。2018/19シーズンのヨーロッパリーグ・ラウンド16ではアウェーでアーセナル相手に3-0で敗れた。もう一つの対戦は2001年のインタートトカップの準決勝のアストンヴィラ戦で、1-0で敗れた。イングランドではまだゴールを決めたことがない。

レンヌはヨーロッパ大会でここ12試合中1回クリーンシートを達成、合計18失点している。

今シーズンのCL開幕戦でゴールを決めたギラシを含み13人の選手が大会デビューを果たした。エンゾンジとテリエのみCL出場経験がある。

レンヌは土曜日、後半のダミアン・ダ・シウバとナーイフ・アゲルドの得点によりホームでブレストを2-1で下した。レンヌは現在リーグ・アンで9試合を消化、勝ち点18、3位につけており、首位のPSGとは3ポイント差となっている。

40歳のジュリアン・ステファンにとってこの試合が初めてのチェルシー戦となる。

チェルシーからその他