ニュース

メディアウォッチ:米代表監督がプリシッチの重要性を強調、ファーディナンドがツィエクを絶賛、チェルシーがナイジェリア代表選手に触手か

チェルシー関連の最新情報:米代表監督はクリスチャン・プリシッチがアメリカの次世代の選手たちへ与える影響について、一方リオ・ファーディナンドはハキム・ツィエクのチェルシーの攻撃における重要性について語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

プリシッチをリーダーと見なすバーホルター

今月に代表戦でウェールズとの親善試合に臨む召集リストを発表したアメリカ代表監督のグレッグ・バーホルターは、次世代の選手にとってクリスチャン・プリシッチの存在がいかに大きいかを語った。

ProSoccerTalkの取材に対し、バーホルターはプリシッチをリーダーと見なし、彼の怪我の状況を慎重に見守るチェルシーを称賛した。

「チェルシーはできることすべてをやってくれている。プリシッチもできることすべてを行い、コンディションを戻すために尽力している。復調して怪我をしないようになるとは思うが、それは苦難を伴う可能性もある。彼は素晴らしい選手で、彼の活躍を見れるのは喜ばしいことだが、クラブ側も彼が復調するために尽力してくれている。」

まだ22歳のプリシッチだが、バーホルターはヨーロッパでのプレー経験が豊富な彼をチームのリーダーと見なしている。

「もちろん彼はチームのリーダーの一人で、彼にチームを引っ張ってほしい。まだ若いが、チャンピオンズリーグ、ワールドカップ予選など経験も豊富で、このチームのリーダーであると言える。」

リオがツィエクを絶賛

開幕前の膝の故障から戻ったハキム・ツィエクは、素晴らしいパフォーマンスで多くの評論家から高い評価を得ている。

最近では、リオ・ファーディナンドが3-0で勝利したアウェー・バーンリー戦での活躍を絶賛した。

チャンピオンズリーグの放送権を持つBT Sportのコメンテーターのファーディナンドは、アヤックス時代からツィエクのプレーを見てきた。

「チェルシーの中でも特にツィエクは他の選手と異なる能力を持っており、復帰が待たれた」とサッカー番組Fiveの中でコメントしたファーディナンド。

「細かいパスを出せ、人とは違うプレーができる。強いパスやリスクの高いパスからチャンスをつくることができる。ハフェルツ、ティモ・ヴェルナー、タミー・エイブラハムなど全員がゴールチャンスを供給するツィエクと一緒にプレーしたいと思っているだろう。」

ブルーズがチュクウェゼに触手か

90minの報道によると、ブルーズはビリャレアル所属のナイジェリア出身ウィンガー、サミュエル・チュクウェゼに興味を示しているという。

報道では、ブルーズ以外にもマンU、レスター、エヴァートンなどのチームがチュクウェゼ獲得に動いているという。

スペインリーグでプレーするチュクウェゼは、次のステップとしてプレミアリーグを考えていると言われている。

ビリャレアルはチュクウェゼの違約金を8000万ポンドと設定しており、これが彼の移籍の妨げとなっているようだ。

チュクウェゼは2018年にトップチームに入り、昨季は全大会で4ゴール6アシストを記録した。

チュクウェゼは元ブルーズのアリエン・ロッベンのようなウィンガーで、サイドを駆け上がり一対一の局面で強さを見せる選手として、スペインリーグでも高く評価されている。

チェルシーからその他