ニュース

メディアウォッチ:エッシェンがランパードを称賛、ギルモアが復帰間近、コールがメンディを絶賛

チェルシー関連の最新情報:マイケル・エッシェンがランパードの監督としての能力を称賛、ビリー・ギルモアがチェルシーアカデミーと復帰について語る。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

エッシェンがランパードを称賛

マイケル・エッシェンが元チームメイトのフランク・ランパードの監督としての能力を高く評価した。

TalkSportの取材に対し、元ブルーズMFのエッシェンはランパード監督の躍進は嬉しいサプライズだと語った。

「彼はドレッシングルームでもリーダーの一人だった。彼が監督になるとは想像していなかった。彼は非常に物静かで、内省的な性格だ。」

エッシェンはランパードと共にスタンフォードブリッジでプレーし、リーグを2度制覇、FAカップ優勝3回、リーグカップとチャンピオンズリーグも優勝している。

監督という仕事の難しさを知るエッシェンは、ランパードは補強禁止処分を受けた初シーズンに監督としての才能を示したという。

「チェルシーは監督としても選手としても成功するのが簡単ではないクラブだから、良い意味で驚いた。最初のシーズンは補強ができなかったが、それでも結果を出した。彼の能力による部分が大きかったし、今シーズンさらに躍進することを祈っている。」

復帰間近のギルモア

今週トレーニングを再開したビリー・ギルモアが、できるだけ早くチームに合流したいと話した。

ギルモアは昨季、負傷するまで11試合に出場しチームに大きなインパクトをもたらした。そんな彼が8年間所属したレンジャーズ退団、そしてチェルシーへの移籍について語った。

「プレミアリーグでプレーするのが夢だったし、チェルシーに入団することでその夢に近づくことができた。チェルシーはメイソン・マウント、リース・ジェイムズ、タミー・エイブラハム、フィカヨ・トモリなど多くの有能な選手とアカデミーから輩出しており、FAユースカップではここ10年で7回優勝している。ユースの環境は素晴らしく、キャリア再開に専念することができる。」

ギルモアは昨シーズン終盤にひざの手術を受け、少しずつ快調に向かっている。彼は代表選のブレーク以降に復帰することを目標としている。

昨シーズンにチェルシーで自分の地位を確保したことにより、レンジャーズから入団した彼を疑問視した周囲の考えを改めさせることができたと感じている。

「チェルシーでは出場機会に恵まれないだろうと言われたが、夢を叶えたかったし、移籍していなかったら後悔していたと思う。自分にとってチャンスだったから、トレーニングに励み自分自身を信じてトップチームでしのぎを削った。」

コールがメンディのパフォーマンスを絶賛

今週のチャンピオンズリーグで、ブリッジにて初めて古巣レンヌと対戦したエドゥアール・メンディ。元ブルーズのジョー・コールは3-0で快勝しクリーンシートを達成したメンディを高く評価した。

「メンディはチェルシーでも自信を持ってプレーしている」とBT Sportで語ったコール。「良いキーパーが自分の背後にいると安心してプレーすることができる。」

メンディはデビューから7試合中6試合でクリーンシートを達成し、2004年にレンヌから移籍したペトル・チェフの記録に並んだ。

「ディフェンダーがピンチを救うために一か八かのタックルをするのを見たくないのと同じだ。メンディはしっかりと良いセーブをしてくれる。今のところ安定しているし、守備陣も彼がいることでより楽にプレーできているように見える。」

チェルシーからその他