ニュース

メディアウォッチ:サウスゲートがジェイムズを称賛、記者がブルーズの優勝を予想、パーカーがロフタス=チークに期待

チェルシー関連の最新情報:ガレス・サウスゲートがリース・ジェイムズのパフォーマンスを称賛、TalkSportのコメンテーターがチェルシー優勝を予想。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

サウスゲートに好印象を与えるジェイムズ

イングランド代表監督のガレス・サウスゲートは、代表を目標にする若手選手たちにとって模範的なプレーヤーであるとリース・ジェイムズを称賛した。ジェイムズは前回の代表戦で素晴らしい活躍を見せ、今回も召集されることが決まった。

Metroの報道によると記者会見でサウスゲートは、怪我で離脱したラヒーム・スターリングに代わって入ったジェイムズのプレーを高く評価した。

「彼は先月、試合だけでなくトレーニングでもよくやっていた。彼が良い選手であることはもちろん知っていたが、右サイドは選手層が厚いのでスタメンで起用する予定はなかった。だが、彼はチャンスを掴み良いプレーを見せてくれた。」

ジェイムズは出場停止処分のためネーションズリーグのベルギー戦とアイスランド戦に出場できないが、サウスゲートは彼をアイルランドとの親善試合で起用したいと考えている。

「10分15分だけでも、ピッチに出たらチャンスを掴まなくてはならない。信頼を勝ち取ればさらに出場機会が増える。ジェイムズはそれをやってのけた。」

ブルーズのタイトル獲得を予想するコメンテーター

周囲の多くがチェルシーのここ数週間の試合内容を高く評価している。ブルーズは攻守にわたって安定感を見せている。

TalkSportのホスト、アドリアン・ダラムは、補強されたブルーズは今季のリーグタイトルに向けて躍進すると予想する。

「PK戦を除き、今シーズン負けは1試合だけで、相手はリヴァプールだった。0-0で拮抗していたが、クリステンセンの退場により後半リヴァプールにペースを握られた。だから11対11のベストの状態で強敵を相手にする本当のテストはこれからだ。その時にチェルシーの真の実力がわかるだろう。」

自身の番組Drivetimeの中で、ダラムはチアゴ・シウバのリーダーとしての統率力はリヴァプールのフィルジル・ファン・ダイクと同じレベルにあり、彼のチームに与えた影響を高く評価した。

「ウェストブロム戦の結果はチェルシーにとって悪いものではなかった。彼らのチーム力、そして得点力を示すものだった。シウバが順応し、彼とメンディがこのまま好調を維持すれば、タイトルを獲得するチャンスも十分にあるだろう。」

パーカーがロフタス=チークにより重要な役割を任せる

フラム監督スコット・パーカーは、今季ロフタス=チークがチームにとってより大きな役割を果たすことを期待している。

ロフタス=チークは今季リーグ昇格したフラムにレンタル移籍しているが、過去2試合先発出場した後、チーム初勝利となったウェストブロム戦ではベンチを温めた。

フラムは今週末にウェストハムと対戦するが、Metroの報道によると、パーカーはロフタス=チークにより多くの出場機会を与えるという。

「彼のプレーには満足している。彼の才能とプレーのクオリティーを疑うことはない。怪我により試合から遠ざかっていたが、長いシーズンの中で重要な役割を担うだろう。」

ロフタス=チークはアカデミー時代のチームメイトでウェストブロム戦での勝利に大きく貢献したオラ・アイナのように、ここまでフラムで大きなインパクトを残している。

ロフタス=チークは怪我から復帰後、コンディションを上げ、チェルシーで大活躍した2018/19シーズンのようなプレーができるよう、フラムにレンタル移籍した。そのシーズン、ロフタス=チークは全大会で10得点5アシストを記録した。

チェルシーからその他