分析

ランパードが今季最高の出来となった今夜の試合、ツィエクの貢献度、そしてカンテとコヴァチッチのクラスについて語る

フランク・ランパードは今夜のシェフィールド・ユナイテッド戦における「完全な」チェルシーのパフォーマンスを絶賛し、素晴らしい結果を出した各ポジションの個々の選手も褒め称えた。

昨季チェルシーを苦しめたブレイズは、今夜もマクゴールドリックがスタンフォードブリッジで先制点を決めたが、ブルーズが挽回し最終的には4-1で圧勝した。

タミー・エイブラハムの同点弾が決まった後にペースを握ったブルーズは、前半にチルウェルの追加点で逆転し、後半にはチアゴ・シウバとティモ・ヴェルナーがゴールを決めた。日曜の試合を前に、チェルシーはリーグ3位となり、8試合連続無敗となった。

マッチレポート:チェルシー 4 - 1 シェフィールド・ユナイテッド

2アシストのハキム・ツィエクはコンスタントにチャンスをつくった

「彼はトップクラスの選手だ。彼のような選手はピッチ上でその才能を発揮し、周囲を驚かせる。オランダリーグが早期に閉幕し、今季は開幕前にけがをしたため、長い間試合に出ることができなかった。だから彼の復調はチームにとって大きなプラスとなる。彼はチームの攻撃力を上げ、他の選手とは異なる脅威を相手に与える。右サイドでプレーする左利きの選手だから、他の選手とはスタイルが異なる。今日見た通りアシストやクロスを提供し、均衡を破ることができる。パスコースがあれば恐れることなくパスを出す。一度ミスしても、何度も試合の展開を変えるパスを出してくれる。自信を持ってボールを受け取るチェルシーにとって大事な選手だ。トレーニングにも真面目に取り組むから完成された選手と言える。チェルシーにとって大きな補強となったし、これからも大いに期待している。」

ツィエクのクロスからチアゴ・シウバが移籍後初ゴールを決めた

「彼は素晴らしかった。ここに来てから常に高いレベルでプレーしている。プレシーズンの準備なしでグループにポジティブな影響を与え、彼自身のパフォーマンスも、試合の間の準備も、トレーニングもミーティング中もすべてが称賛に値する。試合前には彼と長い間話をする。今日はゴールも決めてくれた。入団してからずっとチームに大きな影響を与えている。」

コヴァチッチはここ一ヶ月で初めてのリーグスタメン出場となった

「トップクラブでは当然のことだが、今年はチーム内の競争が激しい。監督としてチームを向上させる選手、何か他の選手にはないスキルを持っている選手が必要となる。誰もが試合に出場したいと思っているから、選択するのは難しい。コヴァは今日中盤でよく動きスペースを作っていた。数試合出場していなくて簡単ではなかっただろうけど、いいプレーをしてくれた。」

2019/20シーズン怪我により欠場することがあったエンゴロ・カンテは、今季レギュラーとしてコンスタントに試合出場している

「彼はトレーニングと試合両方を調整し、常に良いコンディションでいられるように試みている。ここ数試合、彼本来のプレーができている。彼は信じられない能力を持っていて、中盤では様々なポジションでプレーできる。豊富な運動量でボールを奪い、さらにチャンスにつながるプレーもできる。その部分は少し過小評価されている。周囲は彼を守備的MFと見なし、低い位置にいるべきだと言うが、彼は他のポジションでも活躍できる。彼がコンディションを維持できていることに満足しているし、これからも調整を続けていく。」

チェルシーからその他