ニュース

メディアウォッチ:モウリーニョがベスト11にチェルシーから8選手を挙げる、ブルーズが若手CB獲得争いを続行

チェルシー関連の最新情報:ジョゼ・モウリーニョがこれまで指揮したチームからベスト11を選び、中でもチェルシーからは8選手を挙げた。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

モウリーニョがベスト11にチェルシー選手8人を選出

ジョゼ・モウリーニョはこれまで自身が指揮したチームの中からベスト11を選び、中でもチェルシーから8選手を挙げた。

Daily Mailの報道によると、2004年に監督に就任したチェルシーの選手が多く選ばれたという。

まずGKに2004/05シーズンに重要な役割を担ったペトル・チェフを選んだ。そのシーズン、チェフは全試合合計失点を15点に抑えた。

CBの二人はジョン・テリーとリカルド・カルバーリョで、右サイドにはウィリアム・ギャラスを選んだ。一方、レアル・マドリード時代のセルヒオ・ラモスやマルセロは選ばれなかった。

このブルーズの3人は守備面でチームに大きく貢献し、チェルシーはリーグタイトルを2度手にした。

MFも3人中2人はチェルシーの選手で、まずクロード・マケレレが入った。マケレレはその戦術眼で4バックを保護し、MFのあり方を変えた存在だった。

マケレレと共に選ばれたのは、ブルーズの歴代得点王で現在監督を務めるランパード。多くの局面でチェルシーを支えた。

攻撃陣ではディディエ・ドログバ、エデン・アザール、そしてクリスティアーノ・ロナウドが選ばれた。

ブルーズが若手CB獲得争いに参加

Mirrorの報道によると、チェルシーは若手CBアネル・アフメドジッチの獲得に向けて690万ポンドを提示したとされる。

アフメドジッチの父親は、元ウェストブロムFWで現在彼のエージェントを務めるマルクス・ローセンベリが、親子を引き離そうとしていると批判した。

アフメドジッチの父親はSNSでエージェントに対する不満を漏らしたが、これにアフメドジッチは反発したという。

アフメドジッチはノッティンガム・フォレストでプレーした後、シーズン後半ホブロにレンタル移籍し、所属するマルメにも好印象を与えた。

アフメドジッチの獲得に動いているのはチェルシーだけでなく、噂によるとACミランも興味を示しているという。

チェルシーからその他