ニュース

メディアウォッチ:監督の難しさを語るランパード、逆境を跳ねのけるジルー、元同僚がチルウェルのゴールパフォーマンスを説明

チェルシー関連の最新情報:ランパードが監督として直面する困難について語る一方、ジルーはフランス代表で得点を決め周囲の批判を跳ねのけた。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

監督の難しさを語るランパード

フランク・ランパードが監督として毎日直面する困難について語り、それが選手時代よりも厳しいものであることを、BBC Soundsのエディー・ハーンのポッドキャストNo Passion No Pointで明かした。

ブルーズで13年間プレーしたランパードは、監督と選手の役割の違いを異なる視点から分析することができる。

「選手のキャリアはある意味自己中心的なもので、コーチとしての現実はそれよりも格段にストレスのかかるものだ。監督は25人のチームをまとめ、スタッフと連携を取り、様々な分野で問題に対処しなくてはならない。サッカーの試合からかけ離れたことも多くある。監督は毎日50の問題を抱えている。選手時代とは比較にならないほどストレスはかかるが、これなしにはやってはいけないほど、監督という役割が好きだ。」

監督として3年目のランパードはまだこの役割に完全に順応していないことを認め、更に歴代得点王で3度リーグタイトルを獲得した古巣で指揮を執ることは、もしうまくいかなかった場合非常に高いリスクが伴うことを理解している。

「13年間ここでプレーしたから監督に任命された、と明言しても何も問題はないだろう。もし監督としてうまくいかなかった時、13年間で成し遂げたことが台無しになってしまうかもしれないと悩んだこともあった。」

逆境を乗り越えたジルー

オリヴィエ・ジルーは、フランス代表の一員として4-2で勝利したスウェーデン戦でゴールを決め、フィンランド戦の敗戦後に受けた批判を完全に跳ね返した。

オリヴィエ・ジルーは、フランス代表の一員として4-2で勝利したスウェーデン戦でゴールを決め、フィンランド戦の敗戦後に受けた批判を完全に跳ね返した。

「チームとしても個人レベルでもフィンランド戦は悔いが残る試合だった」とM6のインタビューに応えたジルー。

「あの試合から学び、ポルトガル戦ではゲームを支配し勝つことができた。」

ジルーはこの2点は、批判に対する反応ではなく、揶揄されることには慣れているとも語った。

「前の試合に比べてよかったと思う。すべてが完ぺきではないけど、満足できる部分はある。復讐という感情はなかった。揶揄されることには長いキャリア生活で慣れているし、それによりもっと強くなれる。全く問題ないよ。」

マディソンがチルウェルのゴールパフォーマンスを解説

ジェイムズ・マディソンがベン・チルウェルの“A”の文字のゴールパフォーマンスについて説明した。このパフォーマンスはプレミアリーグでジャック・グリーリッシュやブルーズからアストンヴィラにレンタル移籍中のロス・バークリーも行っている。

「アヴェンジャーズというチャットグループがあるんだ」と説明するマディソン。

「選手やそのほかの友人が入っていて、グリーリッシュ、バークリー、デレ・アリ、ジョン・マッギンもいる。」

マディソンはチルウェルのブルーズ移籍について、彼にとって完璧だったと明かした。

「彼の移籍は嬉しいよ。ここで親友だったし、自分が入った時も彼が迎えてくれた。U21時代からの仲だからね。チェルシーはレスターとは違い、チャンピオンズリーグ出場権を獲得した。若いイギリス人監督が彼の獲得を熱望していたのは、彼にとって願ってもないことだったから完璧な移籍だったと思う。」

チェルシーからその他