ニュース

メディアウォッチ:チェルシーのリーグ優勝の可能性について語るコール、バーリーがブルーズを応援、バークリーの復帰を望むランパード

チェルシー関連の最新情報:ジョー・コールがブルーズの戦力を分析しリーグ優勝の可能性について語り、クレイグ・バーリーはチェルシーがトッテナムよりも優れていると明言した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

チェルシーのリーグ優勝の可能性について語るコール

ジョー・コールは、主要選手を欠く中アウェーでニューカッスル相手に2-0で勝利したブルーズが、チームとしての質の高さを証明したと語った。

「プリシッチやハフェルツが戻れば誰を起用するか嬉しい悩みを抱える」とBT Sportに語ったコール。

「いいチーム作りができている。組織としても、プレースタイルも、フランクの望むものになっている。」

チェルシーの選手として3度リーグ制覇を果たしたコールは、元チームメイトのランパードがチームに与えたインパクトを褒め称えた。

「彼の個性がチームに表れている。トレーニングへの取り組み、チームとしての団結力、粘り強さなどをもたらした。チェルシーファンとしては願ってもないことだ。」

バーリーがブルーズを応援

クレイグ・バーリーはチェルシーが今季トッテナムより上位になることを確信している。

「ああ、チェルシーはスパーズより有能な選手を多く抱えている。トッテナムもいいチームだが、チェルシーには素晴らしい攻撃的選手が多くいる」とESPN FCに語ったバーリー。

「チアゴ・シウバと契約したことで経験という面でも補強ができた。さらに左サイドではベン・チルウェルを獲得した。リース・ジェイムズも新たなレベルに到達している。」

ゴール前での決定力が向上しただけでなく、ディフェンスに関しても相手に隙を見せることが大きく減少した。

「GKを補強したし、エンゴロ・カンテも2年前の選手に戻った。チェルシーの方が選手層が厚く、タイトル争いに絡んでくるだろう。」

バークリーの復帰を望むランパード

Sunの報道によると、フランク・ランパードはロス・バークリーをアストンヴィラに放出することを避けたいようだ。

報道では、ランパードはバークリーのここまでのプレーを高く評価し、本人にも電話でその旨を伝えたという。

26歳のバークリーは、9試合で3ゴール1アシストを記録しており、来年開催予定の欧州選手権に英代表として参加することを目標としている。

ヴィラは現在リーグ6位で、今季はリヴァプールとアーセナルに勝利している。

元エヴァートンのバークリーはチェルシーからヴィラに1年間レンタル移籍中だが、ランパードは将来的に彼をコブハムに呼び戻したいようだ。

チェルシーからその他