Japan

一週間のダイジェスト

アウェーでのニューカッスル戦勝利後のフランク・ランパードのコメント、アジアのブルーズファンによる最優秀新規加入選手投票の結果などチェルシーの一週間を振り返る。

ランパードが選手たちのプロとしてのプレーを称賛

フランク・ランパードは、2-0で勝利したニューカッスル・ユナイテッド相手との試合でチームが見せたパフォーマンスを絶賛した。

「序盤に得点できると、監督としてもスタッフにとっても楽になる。よくまとまったチーム相手に簡単ではない試合にもかかわらず、良いプレーを見せてくれた。試合を支配した時間帯が多かったし、プレミアリーグでは結果が求められる。いい流れを代表戦によって絶たれたが、今日の試合もよくやってくれた。様々な問題がありながらも、選手たちがしっかりと乗り越えてくれてくれたから非常に嬉しい。」

ハフェルツとプリシッチの最新情報

フランク・ランパードがカイ・ハフェルツとクリスチャン・プリシッチのコンディションについて語った。

「クリスチャンはニューカッスル戦には間に合わないが、少しずつトレーニングをこなしている。デリケートな部分の怪我だから、慎重に様子を見ていく。」

カイ・ハフェルツが最後にプレーしたのはハロウィーンの3-0で勝利したバーンリー戦で、その後新型コロナウィルスの検査で陽性の結果が出た。ブリッジでのレンヌ戦、シェフィールド・ユナイテッド戦、ニューカッスル戦、そして代表戦を欠場した。

幸い先週コブハムでトレーニングを再開したハフェルツについて、ランパードは火曜日のレンヌ戦にも召集される可能性が高いと語る。

「メンバー入りすることを願っている。既に数日個別のトレーニングを行っており、調子もよさそうだ。カイは普段からプレーできる状態にある選手だから、レンヌ戦でもメンバー入りし、プレーする時間を与えたいと思う。2週間隔離されていたから、どれくらい試合に出られるかはわからないけど、調子は悪くない。」

アスピリクエタの独占インタビュー:チームを支えるために全力を尽くす

主将セサル・アスピリクエタが試合中に声を出すことを止めないことについて語った。

アスピリクエタは、たとえ試合に出場していなくても、自分の役割があると考える。フランク・ランパードの後ろでチームスタッフや他の控え選手と共にソーシャルディスタンスを取りながら、誰よりも大きな声でピッチ上の選手たちを支える。今季試合に出場しない特、彼のサポートやアドバイス、そして時に審判に対しての抗議は、観客のいない閑散としたスタジアムで響き渡る。

「そういう性格なんだ。」と笑うアスピ。

「練習でもピッチ上でもベンチでも変わらない。熱くなりやすい性格で、感じたことを表に出すんだ。もちろん試合には出たいけど、何があってもチームをサポートしたい。試合に集中していると、他のことは考えられないんだ!」

記事:アスピリクエタの独占インタビュー


アジアのブルーズファンが今季の最優秀新規加入選手にツィエクを選出

チェルシーデビューから素晴らしい活躍を見せるモロッコ代表ハキム・ツィエクが、アジアのブルーズファンにより、2020/21シーズンここまでの最優秀新規加入選手に選ばれた。

27歳のツィエクは、プレシーズンの怪我により開幕から試合に出場することができなかったが、デビューしてからここ数試合で2ゴール3アシストと好調を維持している。

アジア言語に絞ると、ファン投票の結果はベン・チルウェル、カイ・ハフェルツ、エドゥアール・メンディ、チアゴ・シウバ、そしてティモ・ヴェルナーを含むリストの中で、ツィエクが全体の39%となった。

2位は19%のヴェルナー、3位は14%のメンディとなった。

チェルシーからその他