ニュース

メディアウォッチ:チアゴ・シウバが契約延長の交渉を開始、初ダービーに臨む新規加入選手について語るハドソン=オドイ、レンヌ期待の若手へアドバイスを送るズマ

チェルシー関連の最新情報:チアゴ・シウバがチェルシーとの契約更新の可能性を示唆、カラム・ハドソン=オドイが新規加入選手にとっての初ダービーについて語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

契約延長の交渉に入ったチアゴ・シウバ

TuttomercatowebとTalk Sportの報道によると、チアゴ・シウバがチェルシーとの契約を2022年夏まで延長することを望んでいるという。

シウバは今季8年間所属したPSGからフリーでチェルシーに入団し、ロンドンでの生活を楽しんでいるようだ。

チームへの影響は大きく、クル・ズマなど多くの若手に自身を与え、彼のリーダーシップによって全体のパフォーマンスは明らかに向上している。

「既に契約更新の準備はできているようだ」と報道するTalk Sport。

「Tuttomercatowebによると、シウバの契約延長の“下書き”は既にできており、2022年夏までチェルシーでプレーすることになる。」

代表戦でブラジルに戻ったシウバは、先週のニューカッスル戦に欠場し、その後2-1で勝利した火曜日のCL対レンヌ戦に出場した。ブルーズは現在6連勝中で日曜日にホームでスパーズと対戦する。

新規加入選手はダービーに向けて準備ができていると語るハドソン=オドイ

カラム・ハドソン=オドイはチェルシーファンに対して、新規加入選手たちはチェルシーにとってトッテナム戦がいかに重要であるか理解していると語った。

スパーズとは今季既にカラバオカップで対戦しているが、カイ・ハフェルツやハキム・ツィエクにとっては初めての試合となる。

「彼らは既に分かっていると思う」とEvening Standardに語るハドソン=オドイ。

「大事な試合だとわかっている。チェルシーがトッテナムと対戦する時は、いつも大事な試合になることは、誰もが知っていることだ。」

ハドソン=オドイは週半ばのレンヌ戦で先制点を決め、これがチャンピオンズリーグ2試合連続ゴールとなった。

「いつ対戦しても勝ちたい。新規加入選手達もこの試合が重要なこと、厳しい試合になることはわかっている。だけど勝ち点3を取っていい週末にしたい。」

ズマが期待の若手を𠮟咤激励

週半ばのレンヌ戦、試合終了後にクル・ズマは18歳の若手スター、エドゥアルド・カマヴィンガとピッチ上で長時間会話した。

RMC Sportsの映像では、ズマがカマヴィンガにアドバイスを与えていることがわかる。

ビデオでズマは、この試合のカマヴィンガのプレーについて、さらにはPSG戦でのパフォーマンスについても話している。

「リードされている時は、反撃しないとだめだ。チェルシーでもそうしてる。プレッシャーがかかると、ボールを失いゴールを奪われる。PSG戦でもそうだったろう。」

カマヴィンガは100年間のフランスリーグの歴史の中で最年少得点を決め、この試合初めてチャンピオンズリーグ出場となった。このビデオから、ズマが選手としても人間としても大きく成長したことがうかがえる。

開幕から好調を維持し、先日フランス代表にも召集されたズマは、今シーズン自分がどれだけ目標を達成できるか理解しているようだ。

チェルシーからその他