ニュース

メディアウォッチ:マケレレがマンUではなくチェルシーを選んだ理由、リヴァプールのスターがジェイムズを称賛、評論家がランパードの魅力を語る

チェルシー関連の最新情報:クロード・マケレレがチェルシー移籍を振り返る一方、リヴァプールのトレント・アレクサンダー=アーノルドがリーグ最高レベルとリース・ジェイムズを高く評価した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

マケレレがブルーズを選択した理由とは

クロード・マケレレがレアル・マドリードからチェルシーに移籍した時のことを振り返り、マンチェスター・ユナイテッドからも打診があったことを明かした。

「チェルシーに移籍したのは、彼らと先に連絡を取ったから」とFourFourTwoで明かしたマケレレ。

「その後マンUやインテルを含め数チームが打診してきた。チェルシーには移籍するなら君のところに行くと約束していた。長い時間をかけて獲得に動いてくれたし、30歳の自分に高額な移籍金を用意した。」

マケレレはブルーズで5年間プレーし、プレミアリーグ2回、リーグカップ2回、そしてFAカップを1回制覇した。

チャンピオンズリーグでマンUにPK戦の末に敗れた後、パリ・サンジェルマンに移籍した。

その後コブハムに戻り、現在はアカデミーでコーチを務めている。

リヴァプールのスターがジェイムズを称賛

トレント・アレクサンダー=アーノルドがリース・ジェイムズをリーグ最高レベルの選手と称し、チェルシーアカデミーでの成長を高く評価した。

この2人はクラブと代表で右SBとしてプレーしているが、アレクサンダー=アーノルドはユース時代のジェイムズとの対戦を以下のように語った。

「チェルシーのユースチームでプレーしていた彼のことをよく覚えている。ユースカップでも見たしね」とEvening Standardに語るアレクサンダー=アーノルド。

「チェルシーはイングランド出身の若手にとって最も入るのが難しいチームだと思う。そこに入れただけでも彼の能力がわかる。」

ジェイムズは1年間ウィガンにレンタルされた後、ブルーズでデビューシーズンとなった昨季に大活躍した。今季は更にチアゴ・シウバが加入しクル・ズマとタッグを組んでおり、ジェイムズの能力が更に引き出されている。

「守備力があり前線にも攻撃参加しており、去年から良いプレーヤーであることを証明し続けている。オールラウンド型の右SBで、リーグでもトップレベルにいると思う。」

評論家がランパードのカリスマ性について語る

ジョリオン・レスコットは、フランク・ランパードの監督としての成功の裏には、現役時代の彼の姿に多くの選手が好印象を抱いているからだと考える。

レスコットはプレミアリーグ・プロダクションでブルーズを今季の優勝候補の一つに挙げた。

「チェルシーはもう一つのサプライズだ。ランパードがすぐにチームをまとめられると思っていなかった。」と語る元マンCのレスコット。

「オーナーがあれだけ出資をしているから、トップ4を狙っていないと思っていた。外部がわかっていないのは、ほとんどの選手たちがフランク・ランパードをリスペクトしている。例えばメイソン・マウントは慣れていないポジションで献身的にプレーしている。それができるのは、フランク・ランパードの存在があってからこそで、若い世代の選手たちが絶大な信頼を寄せている。」

チェルシーからその他