分析

ジルーが完璧な一夜を振り返る:「何でもできると思える時があるんだ」

チェルシー入団以来最高レベルのパフォーマンスを披露し、ブルーズをチャンピオンズリーグ・グループステージ首位突破に導いたオリヴィエ・ジルーが、この素晴らしい記録とチームの可能性について語った。

ジルーのセビーリャ戦での4ゴールは、チームにとって10年以来の記録であり(最後に達成したのは現監督フランク・ランパード)、チャンピオンズリーグでは初めてのことだ。

34歳でのハットトリック以上は伝説的プレーヤー、フェレンツ・プスカシュ以来の記録だが、昨夜のパフォーマンスを見ると、ジルーは年を重ねるごとにプレーの質を上げているようだ。

「クラブの歴史の残るのはいいことだよ。」とこれからも彼にとって記憶に残るだろう試合後に語ったジルー。

「素晴らしいストーリーを書くためにサッカーをしているんだ。自分を誇りに思う。チームメイトから良いアシストが来て、それをしっかりと決めようとしただけだよ。ピッチ上にいるのが一番幸せなんだ。辛抱強く待って、諦めずに周りとは異なることをチームにもたらすように努めている。チャンピオンズリーグはいつも特別なもので、今日の試合はグループリーグ首位の座がかかっていて重要だった。だからチームの勝利に貢献できて嬉しい。何でもできる気になる時があるんだ。今日がその日だった。」

ジルーはキャリアの中で1試合4ゴールは2回目だと明かした。初めてはリーグ2トゥール所属時のアルル=アヴィニョン戦だったが、チャンピオンズリーグのセビーリャ戦とは比較にならないだろう。

プレミアリーグも好調でチャンピオンズリーグでは1試合を残しグループステージ首位突破を決めたブルーズ。チームにとって良い時期が続く。ジルーはこの状況と3月以来初めてファンがブリッジに戻るプレミアリーグ次節の対リーズ戦について語った。

「目標を達成するために厳しいトレーニングを重ねている。チームの目標はプレミアのトップクラブと渡り合うこと、そしてチャンピオンズリーグでできるだけ先に進むことだ。チームとしての強さを示すことができているし、頼れる有能な選手が多くいるから、両大会で競えるだろう。チームは良い状態だし、この調子を維持しなければならない。ファンがいなくなってだいぶ時間が経つ。ファンなしではサッカーは同じスポーツではないし、情熱も伝わらない。だから、土曜日の試合、彼らが帰ってくることを心待ちにしている。」

チェルシーからその他