ニュース

メディアウォッチ:ブルーズがディバラに触手、ハッセルバインクがジルーの影響を分析、アトレティコのCBがブルーズ移籍を示唆?

チェルシー関連の最新情報:パウロ・ディバラのブルーズ移籍が噂される一方、ジミー・フロイド・ハッセルバインクはオリヴィエ・ジルーのチームに与える影響について語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがディバラに触手か

90minsによると、チェルシーを含めたプレミアリーグの数クラブにパウロ・ディバラの移籍話が持ち込まれたという。

2019年に移籍ができなかったディバラは、この時期にイングランドに移ることを完璧なタイミングと捉えているという。

ユヴェントス所属のディバラは元ブルーズ監督のマウリツィオ・サッリの下ではスタメンの座を確保していたが、アンドレア・ピルロ監督が就任してからはベンチを温めることが多い。

マンU、リヴァプールとともにチェルシーもディバラの状況をチェックし続けており、チャンスがあれば交渉に入る準備ができていると言われている。

27歳のディバラは若手の多いチェルシーに豊富な経験をもたらすだろう。彼はセリエAで5度優勝し、イタリアカップ3度制覇、昨シーズンはチーム最優秀選手に選出された。

ディバラの契約は残り1年半で、今季序盤に契約更新の話もあったが難航しているようだ。

ハッセルバインクがジルーのチームへの影響について語る

元ブルーズFWジミー・フロイド・ハッセルバインクは、オリヴィエ・ジルーは非常に過小評価されており、ゴール以外にもチームに多くの恩恵をもたらしていると考える。

プレミアリーグ・プロダクションでハッセルバインクはチェルシーにとってジルーがどれだけ貴重な存在であるかを強く説いた。

「得点以外にも周りの選手がプレーしやすくしたり、ゴールをお膳立てするなどよくやっている。成功しているチームには30点決めるストライカーがいるが、彼はそういうタイプのフォワードではない。」

ジルーは出場機会を得るのに時間をかけたが、現在好調を維持している。先週のチャンピオンズリーグ対セビーリャ戦で4得点、更に週末のリーズ戦でも得点を決めた。彼のボールキープ力、そして1トップとして味方選手にボールを落とす能力は誰もが目撃しただろう。

「彼は得点数だけで判断する選手ではない。選手ごとに長所は異なるし、彼の場合は他の選手を際立たせることに長けている。」

ヒメネスがチェルシー移籍を示唆?

アトレティコ・マドリードのCBホセ・ヒメネスがTwitter上でチェルシー移籍を示唆したと言われている。

ヒメネスは「ホセ・マリア・ヒメネスがチェルシーに移籍するまであと44日」という彼のブリッジへの移籍を信じるサポーターのツイートにいいねをつけた。

ブルーズ移籍が噂される選手がチェルシーファンのツイートにいいねをつけたのは初めてのことではない。カイ・ハフェルツはバイエル・レバークーゼン所属時に「ハフェルツ獲得を発表しろ」というツイートにいいねをつけている。

ウルグアイ代表のヒメネスはチェルシー好きであること、そしてフランク・ランパードの下でプレーすることを熱望していることを明言している。

27歳のヒメネスのアトレティコとの契約は2023年までとなる。ヨーロッパ有数の守備力を誇るアトレティコで経験を積んだヒメネスは、ブルーズにとって大きな戦力となるだろう。

チェルシーからその他