ニュース

メディアウォッチ:サンチョがプレミア復帰か、リオがチアゴ・シウバを絶賛、ブルーズがポーランド人CBに触手か

チェルシー関連の最新情報:ジェイドン・サンチョがロンドン復帰を希望か、リオ・ファーディナンドがチアゴ・シウバの重要性を指摘。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

サンチョがプレミア復帰か?

Sunの報道によると、ジェイドン・サンチョがプレミア復帰を計画しているとのことだ。20歳のサンチョは以前、チェルシーのファンだったことを公言している。

サンチョは昨季Telegraphでのインタビューでブルーズが好きであると発言したが、World Soccer Magazineで憧れの選手について訊かれた際は、より中立的な返答をしている。

「YouTubeでロナウジーニョを見ていた。彼は誰も思いつかないプレーをしていたから大好きだった。有名な選手たちのことは好きだったけど、特定のチームを応援することはなかった。」

サンチョのドルトムント退団の噂は絶えないが、ロンドンで生まれ育った彼がプレミアリーグに戻ってくる可能性は高いと報道されている。

記者のガブリエーレ・マルコッティもBTP Media Networkで、サンチョの移籍先について話している。

「サンチョは故郷、つまりロンドンに変えることを希望している。だが長期的により条件の良いチームを選ぶだろう。」

リオがチアゴ・シウバを絶賛

YouTubeの番組FIVEの中で、元マンUのCBリオ・ファーディナンドはチアゴ・シウバがチェルシーの要の選手であると語った。

ブルーズは3-1でリーズを下しリーグ戦で9試合連続無敗となっており、ファーディナンドはその中でもチアゴ・シウバを特に称賛した。

「チェルシーは絶好調だ。フランク・ランパードはチームに自身を与えた。失点しても問題なく対処している。その要となる選手はチアゴ・シウバだと思う。彼は世界中でビッグゲームを経験した叡智をチームにもたらした。」

BT Sportでコメンテーターを務めるファーディナンドは、試合の流れが良くない時、シウバがチームメイトをサポートすると言い、更にチェルシーはまだトップコンディションではないと明言する。

「まだヴェルナーやハフェルツ、ツィエクの本領を見ていないし、プリシッチも怪我から戻ってきたばかりだ。チェルシーは長期的に見て最後まで首位争いに絡むだろう。」

チェルシーがポーランド人CBに触手か?

チェルシーはマンUやリヴァプールと共にポーランド人CBセバスティアン・ヴァルキエヴィツの獲得に興味を示しているという。

まだ20歳ながら、セリエAのカリアリとの契約を2024年まで更新したヴァルキエヴィツに対し、ブルーズを含む多くの欧州主要クラブが獲得に乗り出しているという。

Sunの報道によると、チェルシーは今季フリーで契約した元PSGのチアゴ・シウバの代役としてヴァルキエヴィツの獲得を考慮しているという。

「他の若手CBと同様に、ヴァルキエヴィツは獲得後にセリエAにレンタルで戻る可能性が高い。」

ヴァルキエヴィツは今季カリアリでリーグ戦全試合フル出場しており、最近ポーランド代表にも召集された。

チェルシーからその他