分析

データから見るクラスノダール戦:8番としてのギルモアの台頭

クラスノダール戦のデータを見ると、チャンピオンズリーグでスタメンデビューを飾ったビリー・ギルモアの影響、そしてエメルソンの左サイドでのエネルギッシュな動きが見て取れる。


ハッピー・ギルモア

前回は中盤の底で起用されたギルモアだが、ジョルジーニョと共に出場したことにより、左サイドの以前よりも高い位置に入った。

彼の高いパフォーマンスは数字からも明らかだ。ボールタッチ数は97回でこの試合トップ、キープ時間はトニ・リュディガー(8.2%)に次いで7.8%、そしてパス成功は77本とリュディガー(74本)を上回った。

攻撃では3回チャンスにつながるパスを出し、2度シュートを放ち、そのうち1本は枠内、もう1つはブロックされた。さらに2回ドリブル、インターセプトに成功した。中盤でオールラウンドプレーヤーとしての能力を発揮し、ランパードが試合後彼のプレーを称賛した理由がわかる。

エメルソンの優れたデータ

中央のタミー・エイブラハムと比較的近い位置でプレーしたティノ・アンジョリンの後ろに入ったエメルソンは、左サイドの大部分を任され、その任務を無事果たした。

イタリア代表のエメルソンはチャンスにつながるキーパス、ドリブル突破、パス成功率でこの試合トップとなった。タックル4度成功はアンジョリンと同数で、更に何度かシュートも放った。

エメルソンはギルモアと何度もコンビネーションを見せ、両者間のパスは35回となった。

エメルソンはギルモアと何度もコンビネーションを見せ、両者間のパスは35回となった。

エメルソンはギルモアと何度もコンビネーションを見せ、両者間のパスは35回となった。

ポゼッションは63.9%でパス成功率は87%となった。

パス成功率の高さに加え、リュディガーは空中戦(7回)とクリアー数(6回)で試合トップとなった。

チェルシーからその他