ニュース

メディアウォッチ:アラバがチェルシー移籍を示唆、コールがハフェルツを擁護、キャラガーがチェルシーを分析

チェルシー関連の最新情報:ダヴィド・アラバの移籍先候補の中にチェルシーが入り、ジョー・コールが批判を受けるカイ・ハフェルツを擁護した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

アラバがブルーズ移籍を考慮

Sunの報道によると、ダヴィド・アラバの4つの移籍先候補にはチェルシーも含まれているとのことだ。

アラバはこれまでプロとしてバイエルン・ミュンヘンでのみプレーしてきたが、契約更新が難航しており、スタンフォードブリッジへの移籍も現実味を帯びてきている。

来年夏に契約が切れるアラバは、この1月からどのチームとも交渉ができる。

代理人のピニ・ザハヴィのリストにはブルーズを含む4チームが挙がっているという。

フランク・ランパードは若手中心のチームに、多くのタイトルを獲得したアラバのような経験豊富なベテランを加えることを望んでいる。

バイエルンでリーグ9回、ドイツカップ6回、チャンピオンズリーグ2回優勝しているアラバは、左SBとCBとしてプレーできる貴重な存在だ。

チェルシー以外にリヴァプール、レアル・マドリード、PSGが移籍先の候補として挙がっているが、パンデミックによる経済状況の悪化を考慮すると移籍先はまだ不透明である。

コールがハフェルツを擁護

元ブルーズFWジョー・コールがハフェルツに対する批判は不当だと彼を擁護した。

プレミアリーグを2度制覇しているコールは、ハフェルツはまだ本領を発揮しておらず、まだ新しい環境に順応している時期であると語った。

「異文化に接し、新しいチームメイト、戦術、そしてトレーニングに順応しようとする彼に対する批判は正当なものではない」とBT Sportに語ったコール。

「ヨーロッパでトップクラスの若手選手として彼の能力は疑いのないものだ。」

ハフェルツはリーグ・カップ戦合わせて15試合で8ゴール(4得点4アシスト)に絡んでいるが、コロナウィルス陽性と診断され、最近ピッチに戻ってきたばかり。

「怪我もコロナもあったけど、いずれ本領を発揮するだろう。彼はトッププレーヤーだからね。既にその片鱗は見せているし、これからもっとコンスタントに活躍するだろう。」

キャラガーがチェルシーを分析

Sky Sportsの番組、Monday Night Footballでキャラガーがチェルシーの戦力を分析し、この夏多くの優秀な選手を獲得したことを強調した。

「シーズン序盤、チェルシーは新規加入選手がよく順応しているように見える」と語る元リヴァプールDFのキャラガー。

「プレミアリーグでもトップレベルのチームと言えるだろう。」

マンCやリヴァプールは強敵だが、チェルシーも怪我人が出たとしても質の高い選手を起用できると言うキャラガー。

「サブの選手と怪我の状況を見ると、リヴァプールは苦戦している。チェルシーはその点でも誰が出場してもそれほど弱体化するようには見えない。」

チェルシーからその他