分析

ランパード:チームのパフォーマンスは、エヴァートンに勝利するのに十分ではなかった

フランク・ランパードは、ブルーズが今夜のエバートン戦で勝利に必要だった基準に達していなかったことを認めた。また怪我で欠場している両サイドのキープレーヤーの数が多いことから、選手の健康問題についても話した。

ギルフィ・シグルドソンの前半のペナルティが、グディソンパークの呪いを証明し、無敗記録を止めた。ブルーズは同点ゴールを求めたが、何度もポストに嫌われた。ランパードはスタートが遅かったことが敗因だと分析した。

レポート:エヴァートン1チェルシー0

「この試合、もっと違う展開を望めたかもしれないが、不運だったとは言わない」と彼は評価した。

「相手のゴール前で、チャンスを生み出せなかった。最高の状態ではなかった。試合の序盤のフィジカルな部分でうまく対応できなかった。」

「一度1-0にされると、自分たちに問題を抱え、相手は心に余裕ができる、その状況から相手を崩すには不十分だった。」

「正直に言うと、最近の自分たちではなかった。」

エドゥアール・メンディのファールについてもコメント

「彼はここに来てから素晴らしいよ、彼のミスだけではなかったと思う。序盤のセカンドボールに対応するチームのメンタリティがあまり良くなかった。」

「相手チームはよく組織化されたチームで、私たちのプレーを止めようとしていた。彼らに先制点を与えてしまうと、その後は非常に難しい。我々は十分とは言えなかったが、必ずしも負けて当然な展開だったとも思わない。」

「私たちはまだ成長過程で、今夜のような出来事もある。負けは好きでは無いが、それが私たちの課題だ。強く立ち直らなければならない。今後どうなるかは、火曜日にわかるだろう。」

プリシッチが欠場

「昨日のトレーニングで、彼は違和感を感じていたので、彼は外さなければならなかった。チームは怪我で3人もウインガーを欠いている。」

「同じ話に戻るが、プレミアリーグの至る所で負傷者が出ている。ロドリゲスもそうだ。エヴァートン対チェルシー戦を見る時、彼らのような選手、エキサイティングなウインガーを見たいはずだ。彼らなしに、プレミアリーグの最高の試合を見ることはできない。」

「これは何度も言っていることになってしまうが、選手の福利厚生という意味では、国のために世界中を飛び回った後、10日間で3試合をプレーして、土曜日と火曜日にまた試合がある。ピッチで圧倒的な存在感を放つエース選手達が怪我に脅かされている。」

「これはリーグ全体に言える話だ、苛立ちを隠せないね。どのチームも素晴らしいチームを持っている。ベンチに入る代わりもいる。でも今日は、ウインガーがいなかった、なぜなら彼らはトッププレーヤーだから、変わりがいない。」

チェルシーからその他