ニュース

メディアウォッチ:ジルーが移籍を拒否、スコールズがマウントを次期ランパードと称賛、ムソンダが復帰

チェルシー関連の最新情報:オリヴィエ・ジルーがボルドーのオファーを拒否、ポール・スコールズがメイソン・マウントを次期フランク・ランパードと称賛。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ジルーが移籍を拒否

元アーセナル主将ローラン・コシールニーがオリヴィエ・ジルー獲得を狙っていたことを明かした。

France Footballに対し、オリヴィエ・ジルーがボルドーへの移籍を断ったことを明かしたコシールニー。

この2人はアーセナルで6年間共にプレーし、ジルーがチェルシーに移籍するまでに3度FAカップを制覇している。インタビューでコシールニーはジルー獲得に動いていたと語った。

「彼にオファーを出したことは本当だ。オリヴィエはオファーを断った。彼の選択を尊重する。」

ジルーは今季ブルーズで8試合7ゴールと好調を維持しており、フランス代表にもコンスタントに召集されている。

「彼はフランス代表で欧州選手権、そして2022年のワールドカップに出場することを目指している。彼がそうしたいのだから、今のキャリアをできるだけ楽しんでほしい。まだ高いレベルでプレーすることを望んでいる。」

スコールズがマウントを次期ランパードと称賛

元マンチェスター・ユナイテッドMFのポール・スコールズがウルブス戦を前にメイソン・マウントを称賛した。

Amazon Primeの番組内でスコールズは、チェルシーはタイトルを狙える戦力を有しているが、まだ時間がかかるかもしれないと語った。

「カンテは絶好調で、更に中盤にはマウントとカイ・ハフェルツという素晴らしい若手がいる。これから経験を積んで、質を上げることができれば優勝争いに食い込めるだろう。」

スコールズはランパードがマウントを含めた若手をうまく起用しているとも言う。

「フランクは素晴らしい仕事をしているし、誰もが認める個性を持っている。チェルシーには優れた選手がたくさんいる。若いチームだから時間がかかるだろう。メイソン・マウントはフランク・ランパードのようになれると思う。チェルシーを勝利に導く才能を持っている。これからフランクのように多くのゴールを決めるだろう。」

ムソンダが復帰

Goal.comの報道によると、チャーリー・ムソンダが今週育成チームでトレーニングを再開するとのことだ。

これは十字靭帯を怪我して、復帰できる見込みは20%と医者が診断したベルギーU21代表のムソンダにとって、大きなステップとなる。

Goal.comによると、ムソンダは既にボールを使ったトレーニングを始めており、チームのトレーニングに合流する前に専属のトレーナーを雇ったとのこと。

ムソンダはプレミアリーグ2でプレーする育成チームでコンディションを戻し、1月にレンタル移籍する可能性は低いとみられる。

ムソンダはチェルシーで7試合に出場し、その後レアル・べティス、セルティック、そしてフィテッセにレンタル移籍している。

Goal.comによると、ムソンダはあと18か月チェルシーとの契約があるが、契約延長の話は今のところ出てきていない。

チェルシーからその他