ニュース

チェルシーが中国の快手で国外サッカークラブとして初めて公式アカウント開設

チェルシーフットボールクラブは、中国で急速に普及している短編映像プラットフォーム・快手で国外サッカークラブとして初めて公式アカウントを開設し、中国のデジタルプラットフォームで存在感を高め続けている。

快手(Kuaishou )は、現在月間7億ビュー、1日の利用者は3億人、そしてライブストリーム数150万の短編映像とライブストリームのプラットフォーム。

「チェルシーは世界で最も革新的なクラブの一つとして中国の快手に国外のサッカークラブとして公式アカウントを開設します」と語るチェルシーのマーケティング・ディレクターのゲイリー・トウェルヴトゥリー。

「中国は世界的にもチェルシーにとって最も重要な市場の一つで、熱狂的なファンにこの新しいプラットフォームから様々なコンテンツをお届けできることを楽しみにしています。」

快手スポーツは、以下の声明文を発表:

「世界最高峰のサッカークラブであるチェルシーFCが当プラットフォームでアカウントを開設することにより、当社のスポーツ関連コンテンツをより充実させることができることは、当社にとって素晴らしいことです。」

「当社は将来、より多くのスポーツ団体と提携することで、ユーザーに更に充実したコンテンツを提供することを目指しています。」

アカウント開設の記念として、ブルーズのスター選手であるメイソン・マウント、マテオ・コヴァチッチ、ジョルジーニョのウェルカムビデオ、そして30秒で何回リフティングをできるかチェルシーファンやインフルエンサーと競争するチャレンジビデオをお届けします。

快手では、チェルシーの選手たちのゲーム対決やトレーニング映像、独占配信となる舞台裏映像、クラブと選手の感動的なストーリー、そして国内及びグローバルファン関連コンテンツを短編映像、ライブストリーミングで公開します。

チェルシーは現在、中国の全SNS上でフォロワー数が2番目となっているサッカークラブで、先月にはプレミアリーグのクラブとして初めてWeibo(新浪微博)と正式な戦略的パートナーシップを締結しています。

チェルシーからその他