インタビュー

プレッシャーを感じるヴェルナー

ティモ・ヴェルナーが、加入してまもないビッグクラブでの生活で、どのようにプレッシャーと向き合っているのかを語った。

プレミアリーグの世界的な注目度と観客数の多さから、この舞台にやってくる選手たちは、新しい文化、プレースタイル、チームに順応しなければならず、メディアの注目を浴びる中で、すべてのプレーが批評の対象になる。

ヴェルナーのような注目度の高い新人ストライカーに当てられるスポットライトは特に強烈なもので、人々は移籍金や契約金の高さに注目し、すぐに結果を期待する。しかし、ヴェルナーにとって、それは慣れたことであり、監督やチームメイトのために最高のパフォーマンスをすることが重要だと語った。

「クラブがいくら払っているかは重要だ。新しいチームに加入して、自分の力を表明するために結果を残したいと思うとプレッシャーだが、今はチームメイトやクラブのためにゴールを決めたいと思っている。」

ゴールが必要だし、どのクラブに移籍しても受けるプレッシャーだ。前のクラブでも同じような期待を受けていたし、みんなが僕に得点を求めていたから、プレッシャーと向き合うのは得意だと感じる。特別な新しいことではなく、グラウンドが変わって新しい環境とチームメイトと向き合っていくだけだ。

「プレッシャーは去年よりも感じるけど、トップ選手はプレッシャーの下で最高の活躍をするし、自分もそうだと信じている。」

背番号11を背負う若き才能は、チェルシーのようなビッグクラブでのストライカーとしての期待の重さを受け入れているが、ブンデスリーガから移籍した後、まだイングランドでの生活と、プレミアリーグのコンタクトが激しくペースの速いサッカーに完全には慣れていないことを認めた。

「プレミアリーグは、ブンデスリーガとは少し違うんだ。思っていたよりも厳しいと言わざるを得ない。ここでのコンタクトはドイツよりも激しく、ある程度予想していたけど、それ以上だった。」

「3日おきに試合をするのも大変だと思うし、チャンピオンズリーグや代表戦もあるし、土曜日には1週間インターバルがありコンディションの良いチームと試合をする。それでも目の前の1戦だけを考えて試合をしなければならない。全ての試合をベストな状態で迎えることは簡単ではないが、プレミアリーグでのプレーは楽しめている。」

「序盤は非常に良かったが、多くの試合を経て、当たり前なのかもしれないが今は少し苦戦している。スケジュールが過密だし、2~3週間前に見逃したチャンスもある。国やリーグに慣れていないと、適応するのは難しいけど、それは言い訳にできない。このリーグで最高の選手になるために可能な限りベストを尽くすし、うまく適応する自信はある。」

もちろん、彼がプレミアリーグでの生活で頼りにできるのは、チームメイトのサポートだ。同じドイツ代表のトニ・リュディガーは、ピッチ上だけでなく、ピッチの外でもヴェルナーの大きな助けとなっている。

「新しい国に来て、クラブに母国語を話せる人がいることは、とても重要なことだと思う。ドイツ語を話せるチームメイトがクラブにいれば、ピッチ内だけでなく、ガスや電気など請求書の支払いの際にも助けてくれて、生活が楽になる。リュディガー はこれらのことで私をたくさん助けてくれたし、私にとって彼がここにいてくれたことは完璧なことだった。」

チェルシーからその他