ニュース

メディアウォッチ:ギャラスがツィエクを今季最高の補強と称賛、ギルモアが古巣を応援、リュディガーが医療従事者をサポート

チェルシー関連の最新情報:ウィリアム・ギャラスがハキム・ツィエクを今季最強の補強と称賛、ビリー・ギルモアがレンジャーズのリーグ制覇に期待を寄せた。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ギャラスがツィエクを今季最高の補強と称賛

元ブルーズのウィリアム・ギャラスは、アヤックスから入団したハキム・ツィエクのプレーに衝撃を受けており、彼が夏季市場最高の補強だったと明言した。

ギャラスはティモ・ヴェルナーやカイ・ハフェルツなどの高い能力を持つ選手たちの中でも、特にハキム・ツィエクのパフォーマンスを高く評価する。

「ツィエクのことを気に入っている」とLadbrokesに語るギャラス。

「彼はチェルシーにとって大きな補強となっているし、夏季市場最高の獲得と言えるんじゃないかな。」

27歳のツィエクは「魔術師」というあだ名で、左足からエリア内に多くのチャンスを提供してる。彼は若手右SBリース・ジェイムズともうまく連携を取っており、チェルシーの右サイドからの攻撃力アップに貢献している。

「彼は非常に頭のいい選手だ。リヤド・マフレズのようだね。守備の堅いチーム相手には、ツィエクのような選手が必須となる。」

ギルモアが古巣を応援

ビリー・ギルモアは開幕から無敗記録を維持しているグラスゴー・レンジャーズが、9年ぶりにタイトルを獲得することを願っている。

彼は16歳のときにレンジャーズからチェルシーに移籍したが、今でも古巣のことを応援している。

トップチームに入って1年となる彼がUMMのインタビューの中で今までのキャリアを振り返った。

「チェルシーに来たことを公開していない。ここに来てからずっと幸せだよ。今でもレンジャーズのファンで試合も見るし、今の彼らの状況に満足している。」

ギルモアは昨季10代の選手としてリヴァプール戦で大活躍し、一躍ファンの人気者となったが、その時相手だったアンディ・ロバートソンは負傷した彼を支えてくれたという。

「ブリッジで対戦したとき、試合後に褒めてくれた。怪我をしていた時も何度もメッセージを送ってくれた。」

ギルモアは膝の怪我により昨季シーズン途中で離脱し、今は少しずつ復調に向かっている。

リュディガーが医療従事者をサポート

アントニオ・リュディガーがドイツの病院で働く420人の医療従事者をサポートするために、彼らにピザをプレゼントした。

リュディガーは、新型コロナウィルスのパンデミックに対応する全ての医療従事者に感謝の意を表するためにこのような行動に出た。

Goal.comに対し、他者のために自分たちを犠牲にする医療従事者をサポートし続ける重要性について述べた。

「コロナウィルスの感染拡大により集中治療室の状況はここ数週間で更に悪化している。そこで働く人たちは素晴らしい仕事をしているし、自分にとっては誇り高き人たちだ。」

リュディガーは今季出場機会に恵まれていないが、レベルの高いチームでポジション争いを続け、必要な時にチームの戦力になることを誓う。

「誰よりも、他の人たちのために自分たちの命を危険に晒すことを厭わない医療従事者に感謝したい。彼らの姿勢が全てを物語っている。感謝してもしきれない。だけど、今年だけではなく、毎年彼らに感謝し続けなくてはならない。」

チェルシーからその他