ニュース

ランパードがヴェルナーに手を差し伸べ、またすぐにゴールを決めるだろうと明言

フランク・ランパードはティモ・ヴェルナーと常に話し合っていることを明かし、彼のイングランドサッカーへの適応に関するインタビューについて、適切な文脈で読み解く必要性を訴えた。

ウェストハム戦を前に、ヴェルナーはプレミアリーグへの適応が少し遅れており、彼が思っていたよりも難しいリーグであることを明かした。

この発言に関して会見で「ヴェルナーはプレミアリーグを過小評価していた」と解釈した報道陣にコメントを求められたランパードは、その内容について適切に理解することを求めた。

「正直なことはいいことだが、常に文脈を正しく理解されるかは別の話だ。誠実さを求める一方で、発言の一語一語を重要視しすぎることがある。過小評価というのは、彼の感想として適切な言葉ではないと思う。彼が成功を収めるためにここに来たことは当然で、プレミアリーグの厳しさを理解したことも知っている。実際にここでプレーして様々な問題に直面しているだけだ。」

「彼とは常に話し合っているし、苛立っているようには感じない。フォワードはゴールによって評価されるし、彼はこれまで得点を重ね続けてきたから、定期的にゴールを決めたいと思うのは当然だが、同時に何をやっても点を決められない時期もある。大事なことは、試合中に彼がチャンスを掴んでいること、エリア内にいることで、これからゴールを決めてくれるだろう。」

月曜日に得点を重ねたのはタミー・エイブラハムで、ランパードは彼の成長、そして今後の課題についても語った。

「タミーには満足している。月曜日の試合もそうだが、今シーズンここまで献身的にチームに貢献している。彼とオリは良いプレーを見せてくれているから、このまま成長し続けてほしい。昨季はリーグで素晴らしい躍進を遂げたし、チェルシーの9番としてこれからもっとできることがあると思うが、今の彼のプレーに非常に満足している。」

チェルシーからその他