ニュース

メディアウォッチ:ブルーズがハーランド獲得争いに参加、ポジェがブルーズの躍進を語る、ジエゴ・コスタがCL欠場へ

チェルシー関連の最新情報:チェルシーがボルシア・ドルトムントのアーリング・ハーランドの獲得争いに参加、そしてプレミア歴代総獲得ポイントでアーセナルと同位へ。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがハーランド獲得に名乗り

チェルシーは、ボルシア・ドルトムントのアーリング・ハーランドを巡るレアル・マドリード、マンC、マンUなどととの獲得争いに参加するとみられる。

ジャーナリストのアンジェロ・マンジャンテ氏によると、ハーランドは来季夏の市場でチェルシーにとって最も重要なターゲットとなるという。

ハーランドは昨季RBザルツブルク所属時代にチャンピオンズリーグで大活躍し、1800万ポンドでドルトムントに移籍した。現在の彼の違約金は7500万ポンドと言われている。

2020年のゴールデンボーイ賞を受賞したハーランドは現在怪我で離脱中だが、今季既に14試合で17ゴールを決めている。

リーズ生まれのハーランドはチャンピオンズリーグにおいて初めて開幕戦から3試合で6ゴールを決め、U20ワールドカップでは1試合で最多得点となる9ゴールを決めている。

チェルシーの躍進について語るポジェ

チェルシーはボクシング・デーでアーセナルに勝てば、プレミアリーグにおける歴代獲得ポイントで並ぶことになる。

これはブルーズがヨーロッパにおいてビッグクラブとみなされるほど成長・躍進したことを意味する。

ブルーズで1997年から2001年までプレーしたグスタボ・ポジェは、ヴェンゲル時代のアーセナルの強さについて語った。

「アーセナルとの思い出は酷いものだ」とAthleticに語るポジェ。「フラストレーションが溜まるばかりで、傷ついたし、うまくいかなかった。アーセナルは非常に優れたチームだった。すべてを兼ね備えていた。だけどパトリック・ヴィエラとエマニュエル・プティに代わる選手は見つけることができなかったね。『この相手と闘うのか?』と思わせる中盤の選手は出てこなかった。」

ポジェはブルーズのここ16年間の躍進を称賛し、ローマン・アブラモヴィッチの功績を強調した。

「チェルシーはものごとが1年という短い間ではなく、長年をかけて進化するという典型的な例だ。ローマン・アブラモヴィッチが2003年にクラブを買収し、ジョゼ・モウリーニョが監督に就任したことで1つ上のレベルにステップアップした。」

ジエゴ・コスタがチェルシー戦を欠場

元ブルーズのジエゴ・コスタが、CLラウンド16のチェルシー戦を前にアトレティコ・マドリードを退団すると言われている。

記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると32歳のコスタは6か月の契約期間を残し、1月にクラブを退団するとのことだ。

コスタは今季7試合しか出場しておらず、大きな怪我にも悩まされている。アトレティコ・マドリードが彼との契約を延長しないことから、夏にはフリーエージェントとなる。

コスタはInstagramでマルコス・アロンソの写真に返答し、チャンピオンズリーグでのチェルシーとの対戦を楽しみにしていた。

コスタは2014年にアトレティコからブルーズに移籍し、2015年と2017年にプレミアリーグ優勝を果たし、更にリーグカップも制している。

チェルシーからその他